地域がん診療連携拠点病院

■「地域がん診療拠点病院」から「地域がん診療連携拠点病院」へ

国では、がん医療に関する地域差を無くし、等しく質の高いがん医療を受けられる医療体制を整えるため、平成13年4月に「地域がん診療拠点病院のあり方に関する検討会」を設置、同検討会の報告書に基づき、同年8月に「地域がん診療拠点病院の整備に関する指針」を策定しました。

これにより、各都道府県の2次医療圏に一ヶ所程度を目安に、がん診療の拠点病院となる病院を指定するため、各都道府県に医療機関の推薦を求めることとなり、当院は、千葉県知事の推薦に基づき、厚生労働大臣から平成14年8月13日付で、がん診療拠点病院に指定されました。

その後、「がん診療連携拠点病院の整備について(健発第0 2 0 1 0 0 4 号)」による”既指定病院”として「地域がん診療連携拠点病院」にとなり、更に平成20年2月8日付けで指定が更新されました。

■上総がんフォーラム

対象:当院内、外の医師及び医療従事者

■消化器病研修会

対象:医師

■院内がん登録とは

「院内がん登録」とは、全てのがん患者さまについて診断、治療内容、予後に関する情報を集め、登録するものです。
がん診療連携拠点病院は、全国どこにいても質の高いがん診療が受けられるように国が指定している病院です。その指定には様々な要件が定められており、「院内がん登録」もその一つです。
「院内がん登録」は、自院のがん診療の機能を明らかにする目的で実施され、その情報を分析することにより、質の高いがん診療の体制づくりに役立てられます。
さらに、その情報は、国立がん研究センターがん対策情報センターで集計され、国のがん対策の基礎資料として活用され、患者さまやご家族の支援へとつながります。
「2017年症例」とは、当院で2017年にがんと診断、又は他院でがんと診断された後に2017年に当院に受診した症例が対象となります。
公開内容は、「がん診療連携拠点病院 院内がん登録 標準登録様式」に基づいて、データを登録したものです。

■年次推移、2017年症例全体集計  

■2017年症例部位別集計 大腸癌  

■2017年症例部位別集計 胃癌  

■2017年症例部位別集計 肺癌  

■2017年症例部位別集計 肝癌  

■2017年症例部位別集計 乳癌  

■研修の実施体制について

厚生労働省では、がん対策推進基本計画(平成19年6月15日閣議決定)おいて『すべてのがん診療に携わる医師が研修等により、緩和ケアについての基本的な知識を習得する』としました。  当院ではこれを受けてがん治療の初期段階から緩和ケアが提供されることを目的として、 平成20年度より毎年『緩和ケア基礎研修会』を開催しております。

緩和ケア基礎研修修了者名簿

■PDCAサイクルの確保

2014年1月に発出された厚生労働省健康局長通知「がん診療連携拠点病院等の整備について」の中の一つにPDCAサイクルの確保が挙げられており、施設ごとにがん診療、緩和ケアの提供、相談支援体制等、それぞれの分野について目標設定のうえ具体的取組を計画し、それを評価するといった体制(Plan計画)⇒(Do実行)⇒(Check評価)⇒(Act改善)の4段階を繰り返しながら組織的な改善策を講じることとされています。

■PDCAサイクルの実際

■院内の体制
 
がん診療連携拠点病院委員会
化学療法プロトコール分科会
キャンサーボード分科会
緩和ケアチーム

■がん相談支援センターのご案内

 
 

 

■関連リンク