君津中央病院公式サイト

Font Size

SCREEN

Cpanel
現在地: ホーム 医療技術局 放射線技術科 MR検査

MR検査

MRとは(magnetic resonance:磁気共鳴)の略で非常に強力な磁場と電波を使って人体・臓器などの様々な断面像を撮像する検査で、これによって得られる画像をMRI(MR imaging)といいます。原理は強い磁場を持つMR装置の中の人体に外から電波を発信します。すると体内の水素原子が共鳴し微弱な電磁波を発生し、この電磁波を受信測定して画像化する装置です。外見はCT装置と似ていますが最大の違いはエックス線を使わないので被ばくがないということです。 しかし強力な磁場下の検査のため体内に埋め込まれたペースメーカーや金属や磁性体をお持ちの方は検査を受けられないことがあります。検査は大きな磁石の狭いトンネルに入り、そして装置から独特の連続音が聞こえて狭くてうるさいという印象です。検査時間は10分から20分位要しますが痛みはありません。 
本院は約40件/日のMR検査を行い、頭部・頚部・脊髄・胸部・腹部・骨盤・四肢・関節・全身の血管・乳腺など多岐にわたる検査オーダーを受けています。また急性期脳梗塞などの鑑別診断のため24時間体制でMR検査を行っています。

MR1.5T-1 MR3T-1

令和元年08月16日 定期確認実施