君津中央病院公式サイト

Font Size

SCREEN

Cpanel
現在地: ホーム 医療技術局 薬剤科 チーム医療

チーム医療

  • 糖尿病教室
    糖尿病患者さまを対象に『糖尿病教室』を定期的に開催しております。
    糖尿病に対する深い知識を持っていただき、今後の治療に役立てられますよう、医師、看護師、管理栄養士、臨床検査技師、理学療法士、歯科衛生士、薬剤師があらゆる方面から糖尿病治療についてのお話をします。
    薬剤師は糖尿病治療で実際にどんなお薬が使われているのか?そしてどのように作用するのか?をそれぞれの効果の違いやお薬使用時の注意点を交えてお話しております。
    お薬による治療をしている方、していない方に関わらず患者さま又はご家族の方に聞いて頂き、お薬に関する疑問や不安を解消して頂けたらと思います。
  • 褥瘡回診
    平成15年より褥瘡回診が開始され、現在は形成外科医2名、皮膚科医2名、看護師長1名、WOC認定看護師2名、管理栄養士1名、理学療法士1名、薬剤師1名で週1回毎週木曜日15:30から行っています。
    褥瘡のある患者さまの栄養管理、薬剤選択について検討しています。
    • 褥瘡(じょくそう)とは?  床ずれとも言われます。
      WOC認定看護師とは?   Wound(創傷ケア)  Ostomy(ストーマケア) Continence(失禁ケア)の略で日本看護協会が認定した看護師です。
      これらの領域でスキンケアの知識・技術をもとに皮膚の状態をアセスメントし予防的、治療的ケアを行っています。
  • NST回診
    当院では平成16年11月よりNSTの活動を始めています。医師、看護師、管理栄養士、臨床検査技師、理学療法士、言語聴覚士、薬剤師などの各専門スタッフがそれぞれの専門知識や技術を出し合い最良の方法で低栄養患者さまの栄養支援を行っています。
    薬剤師は毎週のミーティングで薬剤と輸液メニューの提案や、患者さまの食欲不振、下痢等が薬の副作用によるものでないか薬歴等の調査を行います。
    また入院中の患者さまへ服薬説明の際に栄養情報の提供も行っています。
    • NSTとは?  Nutrition Support Team の略で栄養サポートチームのことです。
  • 感染制御チーム(ICT)
    感染制御チーム(ICT:Infection Control Team)は、医師、看護師、検査技師、事務、薬剤師の様々な職種で構成されています。 薬剤師は、感染制御に関わる環境を整備していくことや感染症治療に対し一歩踏み込み、“一緒に治療する立場”で参加することを目標にしています。
  • 【薬剤師の主な業務として】
     ・抗菌薬や消毒薬などの適正使用の推進
     ・感染関連の質疑への対応
     ・抗菌薬の使用状況の把握
     ・薬物血中濃度モニタリングを通じた、抗菌薬の投与量や代替薬への処方提案

    【その他の診療チーム】
    ・抗菌薬適正使用支援チーム(AST)
    ・緩和ケアチーム
    ・認知症ケアチーム
    ・排尿ケアチーム


平成30年08月21日 定期確認実施