君津中央病院公式サイト

Font Size

SCREEN

Cpanel
現在地: ホーム お知らせ

当院を利用される方へお知らせ

小児骨長管骨骨折の最新治療器具Elastic Stable Intramedullary Nail(ESIN)システムを導入いたしました(H29.07.04)

 

 小児における骨折治療は、ギブス固定が一般的に行われております。もちろん、骨端線が閉鎖する以前では、多少の骨折変形があっても自家矯正能力があり、変形が改善することが期待できます。しかしながら、骨折部が骨端線から遠ければ遠いほど許容範囲は小さくなります。また、不安定性の強い粉砕骨折、開放骨折などはギブス固定などの保存治療では限界があり手術が選択されることになります。現在まで当院では、小児長管骨骨折では、ギブス固定、経皮的ピンニングやEnder釘を症例に応じて行っていました。ただし、術後もギブス固定が必要だったり、下肢に関しては4~6週間程度の荷重制限が必要であったり、本人やご家族の負担となっていることが多かったことと思います。
esin そこで、今回導入した小児長管骨骨折の最新治療器具であるESINシステムは、最小侵襲に手術が可能であり、骨折部の高い安定性が得られるため、術後ギブス固定はほとんど不要で、比較的早期(1~2週間)から荷重開始が許可できるシステムです。但し、骨癒合後(術後約6か月後)にNailを抜去する必要があります。
適応は3歳以上の小児骨折で、前腕骨・上腕骨・大腿骨・下腿骨の骨幹部骨折、一部の骨幹端部および骨端部骨折となります。
 日本では、ESINシステムについての研修を受けた医師しか手術を行うことができないため、全ての施設で行えるわけではございません。当院では、千葉県内で唯一ESINシステムを導入している施設であります。
 今後、本システムにより小児長管骨骨折の治療方法が目覚ましく発展進歩すると思われます。是非、患者様およびご家族のためにも当システムにおける治療を周知させていただきたいと思います。 近隣の病院様からのご相談およびご紹介をお待ちしております。

 

君津中央病院整形外科 藤由崇之

(上図DePuy Synthes社のカタログ
Titanium/Stainless Steel Elastic Nail System.For elastic stable intramedullary nailing (ESIN)より掲載引用)

糖尿病教室 8月9月の予定(R1.07.02)

>8月9月の糖尿病教室スケジュールを掲載しました。

 詳細は以下のリンクからご確認ください。

糖尿病教室のご案内

内分泌代謝科の科名変更のお知らせ(H29.03.14)

 平成29年4月1日から診療科名を次のとおり変更いたします。

変更前 変更後
内分泌代謝科 糖尿病・内分泌・代謝内科

 ※診療内容に変更はありません。

 

なお、院内の電光掲示板や再来受付機(受付票)などの表記は、次のとおり変更となります。

変更前 変更後
内分泌科 糖尿病内科

 ※これらの表記は、3月下旬頃から順次変更となります。

病院長

 

飲み込みの臨床研究に関する言語聴覚室からのお願い(H29.02.09)

 

臨床研究に関する情報公開資料

君津中央病院では、下記の後方視的研究を行います。 研究目的や研究方法は以下の通りです。 この掲示などによるお知らせの後、臨床情報の研究使用を許可しない旨のご連絡がない場合 においては、ご同意をいただいたものとして実施されます。 皆様方におかれましては研究の趣旨をご理解いただき、本研究へのご協力を賜りますようお願い申し上げます。  この研究への参加を希望されない場合、また、研究に関するご質問は問い合わせ先へご連絡ください。

研究課題名 嚥下音を音響分析により客観的に評価する試み
所属 君津中央病院 リハビリテーション科 言語聴覚室
研究責任者 古川 大輔
研究期間 2017年1月10日~2020年3月31日
研究目的と意義 本研究は、当院に入院され、嚥下障害及び、誤嚥性肺炎が疑われた患者さまに 嚥下評価を実施し、その際に収集された頸部の聴診音を用いて、音響分析を行 います。嚥下音の音響特性が抽出され、可視化されることで、「頸部聴診」による 評価精度の向上が期待されます。
研究内容

1.対象となる患者さま
君津中央病院に、2015 年3月1日~2017年1月31日の間に入院された方で、言語聴覚士による嚥下評価を受けられた患者様。

2.利用するデータ
基本情報(年齢、性別、原疾患)、頚部聴診の音響データ、嚥下内視鏡、嚥下造 影検査、各種嚥下スクリーニング検査の結果。

3.研究方法
本研究は嚥下評価の結果を用いた後方視的研究という方法を用います。収集し たデータについて音響解析を行い、比較・検討いたします。個人情報(プライバ シー)保護には十分留意し、収集したデータは匿名化のうえ厳正に管理します。 本研究で知り得た情報は研究以外の目的には一切使用せず、研究結果を学 会・医学雑誌等で公表する場合にも個人が特定されないようにいたします。この 研究に関して、より詳細な情報を希望される場合は、遠慮なく下記まで御連絡く ださい。

お問い合わせ先 君津中央病院 リハビリテーション科 言語聴覚室
言語聴覚士 古川 大輔
TEL:0438-36-1071(内線6731)

ホームページ閲覧障害のお詫び(H28.11.18)

日頃、当院ホームページをご利用いただき、ありがとうございます。
11月17日(木)午前11時15分頃から18日午前1時頃まで、サーバー障害により、ホームページを閲覧できない状態が続いておりました。
現在、障害は解消し、ホームページの閲覧には問題ありません。
ご利用の皆様には大変ご迷惑をおかけしたことを深くお詫び申し上げます。

現在地: ホーム お知らせ