救急・集中治療科-クリニカルクラークシップ

救急・集中治療科 クリニカルクラークシップ研修カリキュラム

1.一般目標(GIO)
(1)救急システムの概要を理解する.
(2)適切な救急初療を行うために,医師として必須の基本手技を身につける.
(3)重症救急患者を集中治療室(ICU)で管理するために,重症患者の病態を把握し,
  かつ重要臓器不全に対する各種人工補助療法を理解する.
(4)救急部・集中治療部で診療すべき患者を識別する能力を身につける.

2.行動目標(SBOs)
(1)プレホスピタルケアについてその概要を説明できる.
   救急搬送システムにつき説明できる.
   救急救命士,救急隊員の業務を説明し,協力して救急業務を遂行できる.

(2)救急患者の病態を的確に把握できる.
  1)心肺停止(CPA)を診断できる.
  2)バイタルサインのモニタリングの意義を理解し,説明できる.
  3)各種shockの病態を説明できる.
  4)多発外傷患者の病態につき説明できる.
  5)侵襲に対する生体反応につき説明できる.
  6)全身性炎症反応症候群(SIRS)につき説明できる.

(3)救急患者に対する診療における処置および検査の優先順位を決定し,施行できる(triage).
  1)一次救命処置につき説明し、施行できる.
   a.心肺脳蘇生法(CPCR)の原理を説明できる.
   b.気道確保を実施できる.
   c.人工呼吸を的確に施行できる.
   d.心臓マッサージを的確に施行できる.
2)二次救命処置につき説明し,施行できる.
   a.気管内挿管を施行できる.
   b.静脈確保,中心静脈確保を施行できる.
   c.救命処置に使用する薬剤の種類と使用法につき述べ,実施できる.
   d.電気的除細動器を用い,洞調律に復帰できる.
3)多発外傷・熱傷・急性腹症患者のtriageを行うことができる.
   a.救命処置を行うことができる.
   b.各種モニターを装着することができる.
   c.重症度を判定することができる.
   d.診断の段取りを計画することができる.
   e.適切な診療科にコンサルトすることができる.
4)薬物中毒患者を初療する.
   a.薬物同定のための情報収集ができる.
   b.胃洗浄を施行することができる.
   c.活性炭経口大量投与法を施行することができる.
   d.血中よりの薬物排除法の種類を列記することができる.
   e.薬物中毒に対する血液浄化法の適応を述べることができる.

(4)どのような重症患者をICUで管理するべきであるか選択することができる.
  1)集中治療室入室患者の重症度評価法の種類を列挙し,
   その有用性につき説明することができる.
  2)多臓器不全(MOF)の病態を説明し,診断することができる.

(5)ICUにおける重症患者管理につき説明し,実施することができる.
 1)急性心不全患者に対する薬物療法,IABP,人工心肺につき説明することができる.
 2)急性呼吸不全の病態を把握し,人工呼吸管理,人工呼吸器につき説明することができる.
 3)急性肝不全・劇症肝炎患者の病態につき説明し,
  人工肝補助療法の適応を述べることができる.
 4)急性腎不全患者の管理法を述べることができる.
 5)多臓器不全患者に対する血液浄化法の有用性につき説明し,
  Blood access確保の 介助を行い,持続的血液濾過透析の実施を介助することができる.
 6)重症患者の水分・電解質・酸塩基平衡の異常を指摘し,その病態を把握した上で,
  その患者にふさわしい輸液管理を実施することができる.
 7)多臓器不全患者に対する栄養管理について説明できることができる.

研修プログラム
1)以下の診察法を実施し,所見を解釈できる.
 神経学的診察、胸部診察、 腹部診察(直腸診を含む)
2)以下の基本的検査法を実施あるいは指示し,結果を解釈できる.
 血算,血液型判定・交差適合試験,心電図,動脈血ガス分析,血液生化学的検査,
 血液免疫血清学的検査,細菌学的検査・薬剤感受性検査,肺機能検査,超音波検査,
 単純X線検査,造影X線検査,X線CT検査
3)以下の基本的治療法の適応を決定し,実施できる.
 薬物療法,輸液,輸血,経腸栄養法,中心静脈栄養法
4)以下の基本手技の適応を決定し,実施できる.
 気道確保,挿管手技,注射法,採血法,穿刺法,導尿法,浣腸,ガーゼ交換,
 ドレーン・チューブ類の管理,胃管の挿入と管理,局所麻酔法,創部消毒法,
 簡単な切開・排膿,皮膚縫合法,包帯法,軽度の外傷・熱傷の処置
5)以下の救急処置を行い,専門家に依頼できる.
 バイタルサインの把握,重症度・緊急度の判断,心肺脳蘇生術の適応判断と実施,
 指導医や専門医(専門施設)への申し送りと移送
6)以下のスタンダードプレコーションを実施あるいは重要性を認識し,適切に対応できる.
 肝炎,HIV感染症やMRSA等の院内感染症の予防

3.研修目標
(1)経験すべき症状・病態
  1)緊急を要する疾患・病態 心肺停止,脳血管障害,多発外傷,急性心筋梗塞,
   肺炎,気管支喘息, 熱中症,アナフィラキシーショック,急性薬物中毒,熱傷
  2)頻度の高い症状
   ショック,意識障害,頭痛,けいれん発作,めまい,胸痛,呼吸困難,
   腹痛,嘔吐,吐下血,下痢,乏・無尿


2019年05月29日 定期確認実施