君津中央病院公式サイト

文字サイズ

画面幅

表示設定
現在地: ホーム お知らせ 当院を利用される方へお知らせ 術中3D画像を利用したナビゲーションシステムが導入されました(H29.09.25)

術中3D画像を利用したナビゲーションシステムが導入されました(H29.09.25)

 平成29年4月より脊椎手術に最新式の手術支援システム~3Dナビゲーションシステムが導入されました。
専用機械KICK PURELY NAVIGATION
 インプラントを使用する手術の場合には、手術前の画像検査情報を用いて手術計画を適切に実施できることに加えて、手術中に取得した3D画像を使用してスクリュー挿入の画像支援を得ることができます。このシステムを利用することによりスクリューの設置位置や方向が手術部位のどこに該当するのかをレントゲン透視画像を使用せずにリアルタイムで確認することができるようになりました。
 インプラントを使用しない手術においても、術者が手術している部位が脊椎のどの部分に該当するのかを確認することによって、神経の除圧など手術範囲が十分かどうかをより詳細に確認することが可能となりました。
 3Dナビゲーションを実施する際には、術前の画像情報と手術室で取得した3D画像とを重ね合わせる(CTフュージョン)ことで、手術中の3D画像単独よりも鮮明な画像で正確な手術支援を得ることも可能となっています。また専用の機械を使用することにより操作の簡略化も図られています。
 術中3D画像を利用したナビゲーションシステムが導入されたことにより、手術中に術者がより適切な手術部位情報が得られるようになり、患者さんのレントゲン照射量も低減され、より安全で低侵襲な手術を実践していくことができるようになりました。
当院整形外科ナビゲーションシステム
整形外科:蓮江文男

(上図ブレインラボ株式会社ホームページ、 シーメンスヘルスケア株式会社ホームページより掲載引用)

 

現在地: ホーム お知らせ 当院を利用される方へお知らせ 術中3D画像を利用したナビゲーションシステムが導入されました(H29.09.25)