ごあいさつ 君津中央病院 病院長 海保 隆
君津中央病院 病院長 海保 隆の写真

 私が当院に赴任しもう30年近く経ちますが、この間医療を取り巻く環境が大きく変わりました。皆さんのご存じの通り、令和元年には房総半島は台風15号の直撃を受け、暴風雨により長期にわたる停電被害を経験しました。また令和2年初頭に始まり未だに終息の兆しの見えない新型コロナ感染症のパンデミック。当院は、地域の基幹中核病院としてその責務を果たすべく日夜頑張っております。

 “丘の上”の旧病院から、平成15年夏に現在の新病院へ移転し、変遷する医療需要に対応してまいりました。その後も血液浄化センターの増設、ドクターヘリの導入、手術支援ロボット“ダ・ビンチ”の導入、電子カルテシステムの更新、心臓カテーテル検査室の増設等、地域の皆様に最先端の医療を安心安全にご提供できるよう日々努力を重ねています。
 また当院は平成16年より臨床研修指定病院として多くの初期臨床研修医を育ててきました。時として患者様にご迷惑をおかけすることもあるかと思いますが、こうした初期研修医が将来大学病院等で各科専門医として成長し、再び当院の医療に携わる機会も増えてきております。また、当院は県のドクターヘリの基地病院として、千葉県の3次救急医療に多大な貢献をしています。

 千葉県は人口当たりの医師数、看護師数、病床数が全国でも下から3つに入る医療過疎県です。県内でも多くの医療機関が千葉市より東京よりに集中するという地域偏在もあり、当院の位置する房総半島は全国でも指折りの医療過疎地域です。少ない医療資源をどのように活用していくかが今後喫緊の課題で、そのためには当院と市内の医療機関との連携が不可欠となります。“地域包括医療・ケア”という言葉が叫ばれて久しくなりますが、今後の高齢者人口の増加を見据え、高齢者が人生の最後まで住み慣れた地域で自分らしい暮らしを続けるための必要な支援体制を整えなければなりません。そのためには、当院と地域医療機関、市の行政、在宅支援サービス等との連携が必須で、こうした将来展望を抱きながら病院運営に携わる所存です。
 皆様のご健康を祈願するとともに、これからも当院を地域の住民の皆様に育てていただければ幸甚です。 (令和4年4月)