君津中央病院公式サイト

文字サイズ

画面幅

表示設定
現在地: ホーム 地域がん診療連携拠点病院

地域がん診療連携拠点病院

■「地域がん診療拠点病院」から「地域がん診療連携拠点病院」へ

国では、がん医療に関する地域差を無くし、等しく質の高いがん医療を受けられる医療体制を整えるため、平成13年4月に「地域がん診療拠点病院のあり方に関する検討会」を設置、同検討会の報告書に基づき、同年8月に「地域がん診療拠点病院の整備に関する指針」を策定しました。

これにより、各都道府県の2次医療圏に一ヶ所程度を目安に、がん診療の拠点病院となる病院を指定するため、各都道府県に医療機関の推薦を求めることとなり、当院は、千葉県知事の推薦に基づき、厚生労働大臣から平成14年8月13日付で、がん診療拠点病院に指定されました。

その後、「がん診療連携拠点病院の整備について(健発第0 2 0 1 0 0 4 号)」による”既指定病院”として「地域がん診療連携拠点病院」にとなり、更に平成20年2月8日付けで指定が更新されました。

対象:当院内、外の医師及び医療従事者

対象:医師

■院内がん登録とは

院内がん登録は、がん診療連携拠点病院の指定用件として義務付けられているもので、がんの診断・治療を行った患者さまについて診断、治療、予後に関する情報を登録するものです。

院内がん登録としての情報は国立がん研究センターへ、地域がん登録としての情報は千葉県がんセンターへと提出され、がん対策の情報として利用されます。

2011年症例は、2011年に当院でがんと診断、または他施設でがんと診断された後に受診をされた症例を院内がん登録の対象としています。

■院内がん登録 2011年症例登録件数(部位別・性別・年齢階層別)表    ■院内がん登録 2011年症例登録件数グラフ

■研修の実施体制について

厚生労働省では、がん対策推進基本計画(平成19年6月15日閣議決定)おいて『すべてのがん診療に携わる医師が研修等により、緩和ケアについての基本的な知識を習得する』としました。  当院ではこれを受けてがん治療の初期段階から緩和ケアが提供されることを目的として、 平成20年度より毎年『緩和ケア基礎研修会』を開催しております。

■緩和ケア基礎研修修了者名簿

■PDCAサイクルの確保

2014年1月に発出された厚生労働省健康局長通知「がん診療連携拠点病院等の整備について」の中の一つにPDCAサイクルの確保が挙げられており、施設ごとにがん診療、緩和ケアの提供、相談支援体制等、それぞれの分野について目標設定のうえ具体的取組を計画し、それを評価するといった体制(Plan計画)⇒(Do実行)⇒(Check評価)⇒(Act改善)の4段階を繰り返しながら組織的な改善策を講じることとされています。

■PDCAサイクルの実際

■院内の体制
 
がん診療連携拠点病院委員会
化学療法プロトコール分科会
キャンサーボード分科会
緩和ケアチーム

■がん相談支援センターのご案内

 
 

 

■関連リンク

上総がんフォーラム

回/開催日時演  題演  者開催場所対象者受講者数
第42回上総がん
フォーラム 
平成28年6月23日
大腸がん
 義歯誤飲によるS状結腸穿孔の1例

直腸癌外科治療のUP To Dato
 君津中央病院 外科 與儀 憲和

帝京大学ちば総合医療センター 外科教授 幸田 幸史
君津中央病院講堂  院内・院外医師及び医療従事者  97名 
第41回上総がん
フォーラム 
平成28年2月18日
婦人科がん
 子宮体部悪性腫瘍脳転移症例の検討

婦人科悪性腫瘍における化学療法と放射線療法
 君津中央病院 産婦人科 糸井 瑞恵

東京女子医科大学主任教授 松井 英雄
君津中央病院講堂  院内・院外医師及び医療従事者  84名 
第8回緩和ケア
基礎研修会 
平成27年11月15日
 緩和ケア基礎研修会(後期)  講師:土屋 俊一ほか 君津中央病院講堂  院内・院外医師及び医療従事者  34名 
第8回緩和ケア
基礎研修会
平成27年11月14日 
  緩和ケア基礎研修会(前期)  講師:土屋 俊一ほか 君津中央病院講堂   院内・院外医師及び医療従事者 36名 
第40回上総がん
フォーラム
平成27年11月6日
テーマ 胆道がん・膵がん 
 若年男性に発症し術前EUS-FNAで診断し得た膵SPNの一例

高度進行胆道・膵がんの最新の外科治療戦略
 君津中央病院研修医 與儀 憲和

千葉大学医学部大学院医学研究臓器制御外科学教授 宮崎 勝
君津中央病院講堂  院内・院外医師及び医療従事者  99名 
上総緩和ケア講演会
平成27年10月22日
テーマ 精神的苦痛のケア

外来化学療法における緩和ケア

がん医療における不眠・抑うつにどのように対応するか

君津中央病院がん化学療法認定看護師 平野昌代

国立がん研究センター東病院精神腫瘍科 小川 朝生

君津中央病院講堂  院内・院外医師及び医療従事者  94名 
第39回上総がん
フォーラム
平成27年9月16日
テーマ 乳がん
「比較的急速に増大した巨大乳腺腺維腺腫の一例」

「乳がん診療の最近の動向とトピックス」
君津中央病院 初期研修医 山本 寛人

君津中央病院 外科医長 藤咲 薫
君津中央病院講堂 院内・院外医師及び医療従事者 100名

第38回上総がん
フォーラム
上総肺がんカンファレンス
平成27年5月22日

テーマ:肺がん 

 当院における第2世代EGFRチロシンキナーゼ阻害薬の使用経験

これだけは知っておきたい肺がんの分子生物学と分子標的治療

君津中央病院呼吸器外科 豊田 行秀

近畿大学医学部外科学講座 呼吸器外科部門 教授 光冨 徹哉

 君津中央病院 講堂  院内・院外医師及び医療従事  58名

※表中の情報はすべて開催時のものです。 平成28年08月12日更新

消化器病研修会

回/開催日演    題演     者開催場所対象者受講者数
第24回
消化器病研修会
平成28年5月25日
全内臓逆位に合併した総胆管結石症に対する胆膵内視鏡経験:
ミラーイメージテクニック
直腸癌に対する最新の外科治療
君津中央病院 前期研修医 福田 舞

亀田総合病院 消化器外科部長 亀田明良
 君津中央   病院講堂  院内・外医師及
び医療従事者
35名 

第23回
消化器病研修会
平成27年10月28日

特異な病像を呈し、化学療法で完全寛解を得たEBV関連胃癌の一例

当院における胃癌治療の現状
君津中央病院 臨床研修医 安部香緒里

亀田総合病院 消化器外科主任部長 草薙 洋
 君津中央   病院講堂  院内・外医師及
び医療従事者
 40名
第22 回
消化器病研修会
平成27年5月27日
下血により準緊急手術となった高齢者胃粘膜下腫瘍の一例

当院におけるEPLBDの治療成績
君津中央病院 初期研修医 伊藤 竜

君津中央病院 消化器内科 矢挽 眞士
 君津中央   病院講堂  院内・外医師及
び医療従事者
 29名
第21回
消化器病研修会
平成26年11月5日
当院における無黄疸遠位胆管癌症例の検討

肝がんに対する肝動脈化学塞栓術の進歩-新たな塞栓剤・抗がん剤・デバイスをどうつかいこなすか-
君津中央病院 外科 川原 健治

千葉大学大学院医学研究院 消化器・腎臓内科学 大岡 美彦
君津中央   病院講堂 院内・外医師及
び医療従事者
48名
第20回
消化器病研修会
平成26年7月2日
大腸がんの肺転移 君津中央病院 呼吸器外科部長 飯田 智彦 君津中央   病院講堂 院内・外医師及ぶ
び医療従事者
25名
第19回
消化器病研修会
平成25年12月4日
胃石の形成過程を考察する上で示唆に富む2症例
Naⅵgation Surgery - 低侵襲肝胆膵手術への応用と実際
君津中央病院 医務局次長 海保 隆
昭和大学医学部外科学講座 准教授
青木武士
君津中央病院講堂 院内・外医師及び医療従事者 39名
第18回
消化器病研修会
平成25年6月26日
「地域がん連携パス」

「大腸癌ステント留置後切除症例の検討」
「大腸ステント」
君津中央病院 医務局次長 海保 隆
君津中央病院 外科
柴田 涼平

君津中央病院 消化器内科医長
藤本 竜也
君津中央病院講堂 院内・外医師及び医療従事者 57名

※表中の情報はすべて開催時のものです。 平成28年08月12日更新

地域がん診療連携拠点病院 緩和ケアチーム


  1. 緩和ケアチーム
  2. がん治療体制のさらなる充実を図るため、それぞれが専門知識を出し合い相互協力し、チームで患者の緩和ケアに貢献する。

  1. チームの構成
    外科医師:2名(身体症状緩和担当)、精神科医師:1名(精神症状緩和担当)、看護師:1名(ホスピス看護師)、薬剤師:1名(麻薬・化学療法精通薬剤師)、MSW:1名
  2. 目的
    1. 担当医師からの依頼を受け、患者の身体的、精神的、社会的な苦痛緩和に関する助言を行う
    2. 患者に緩和ケアの治療を理解してもらうよう指導する。
    3. 当院での入院・外来診療及びかかりつけ医における診療の連携・調整を行う。
    活動
    1. 担当医師からの依頼によりチームとしての診療を開始する。
    2. 診療内容は、カルテに記載する。
    3. 月1回カンファレンスを開催し、緩和医療に反映する。
    4. 外来診療に関しては、
      ①当院外来通院の場合は、15外来が窓口となり緩和ケアチームとの連携を取り診療を継続する。
      ②地域のかかりつけ医にて診療を継続する場合は医療福祉相談室が窓口に15外来で継続する。
    5. 定期的に緩和ケアチーム運営会議を開催する。
    会議メンバー:担当診療科医師、看護師、薬剤師、医療福祉相談員
現在地: ホーム 地域がん診療連携拠点病院