君津中央病院公式サイト

文字サイズ

画面幅

表示設定
現在地: ホーム 採用情報 医師募集

医師募集

常勤医師募集

当院では常勤医師の応募を随時受け付けております

医療依存度の高い患者さまの医療ニーズに応えるため、専門性を発揮し地域医療に貢献して頂ける医師を募集しております。

  • 悪性腫瘍、脳血管疾患、循環器疾患などの高度・特殊・専門的な医療をはじめ、小児、周産期、緩和医療など、地域に必要とされる医療を提供しています
  • 三次救急指定の公立病院として地域の高度医療を支えながら、ドクターヘリを導入し、医療圏を越えた救急医療に貢献しています
  • 地域医療支援病院や地域がん診療連携拠点病院など各種指定を受けています
  • 疾患の多様性や症例数は千葉県下でもトップクラスで、専門性を磨くことのできる環境です
  • 多数の学会認定施設となっており専門医資格を取得できます

詳しい医師採用情報については特設サイトへ → 国保直営総合病院 君津中央病院 for DOCTORS 

育児中の女性医師の就労を応援します!特設サイトへ→ 国保直営総合病院 君津中央病院 for DOCTORS 

 

”医学博士をめざす”緩和ケア医師募集(二次募集)

当院では“医学博士をめざす”緩和ケア医師の応募を受け付けております

緩和ケア病棟で緩和ケアの常勤医として勤務しながら、 関連する社会人大学院(悪性腫瘍治療学、緩和医療学)において、緩和ケアに関する臨床研究、基礎研究を行い、4年間で医学博士号取得を目指す。

  • 研究テーマ:がんの痛み、苦痛に関する臨床・基礎研究
    大学院において4年間で、臨床・基礎研究に従事し、英文博士論文を書き、関連大学院の規定により博士号を取得する。
  • 募集期間:2017年12月25日‐2018年1月9日
  • 募集人員:2名 (病院長面接、履歴書による採用試験あり)
  • 採用内定と同時に、関連する社会人大学院の試験を受験し(英語、論文試験、面接)、それに合格することが採用の条件となる(大学院不合格の際は要相談)。
  • 応募資格:日本の大学(医学部)を卒業後、医師免許を取得し、初期研修及びレジデントを修了した品行方正な医師
  • 応募書類:履歴書、施設長・科長クラスの推薦状、戸籍謄本、医師免許証の写し
  • 勤務・研修期間:2018年4月から2022年3月
    月~木 (8:30-17:15):君津中央病院緩和ケア病棟での勤務
    金~土 (9:00-17:00):関連する社会人大学院にて研修、研究
    (指導教官:下山直人、下山恵美:当院の非常勤緩和ケア指導員)
    休日は原則、当院の規程による(土曜日は研究に従事する)。
    ただし、他の科目との共通カリキュラムの出席が義務付けられている。
    関連する大学院との交通機関は、品川駅から定期バスにて約40分程度である。

「君津中央病院における職名、給与規程」
職名:君津中央病院緩和ケア病棟常勤医師(任期付短時間勤務職員)
職位:当院の常勤医師の規程に基づく
給与:卒後年数、経験により、当院の時短常勤医師(任期付短時間勤務職員)の規程に基づく
    県外の病院より転職する医師には、医師研究資金貸付制度(4年間480万円を限度とする。)あり
宿舎:なし
家賃:病院から半径4km以内居住で35,000円上限、それ以外は27,000円を上限に補助
         その他:要相談

「大学院に関する費用」
基本的に個人の支出による。ただし、この費用を補うために毎月手当を支給します。
大学院入学金:関連する大学院入学金に関する規程による。
大学院授業料:関連する大学院授業料に関する規程による。
研究に関る交通費も個人の支出による。(君津中央病院~関連する大学院)
(参考)2017年度、社会人大学院生二次募集期間 2017年12月25日~2018年1月13日
入学試験日:2018年1月27日(土)学力試験:外国語、小論文、面接
詳しくは当院に直接ご連絡ください。

【問合せ先】
君津中央病院 総務課 医師・看護師確保対策室
TEL:0438-36-1071(代表)
E-mail:recruit●kc-hosp.or.jp
《ご注意》
スパムメール対策のため、掲載したメールアドレスは@を●に換えてあります。
お手数ですが、メールを送信するときは、●を@に戻してから送信してください。

 

医師研究資金貸付制度のご案内

医師研究資金貸付制度のご案内
■医師研究資金貸付制度とは
君津中央病院企業団では、特に充実する必要がある診療科(以下「特定診療科」という。)の医師を確保するため、下記の条件を満たす医師が企業団の設置する病院に勤務する場合に、地域医療の向上のための研究に要する資金を貸し付ける制度を設けています。
■貸付の条件(条例第1条、第2条第1項及び第2項)
次の要件の全てを満たしている医師
  1. 県外の医療機関等に勤務している者
  2. 医師免許取得後5年以上(医師法に規定する初期臨床研修の期間も含む。)診療に従事している者
  3. 特定診療科に従事する者
■貸付金額及び期間(条例第3条第1項及び第2項、第4条)
貸付金額は、年額120万円で480万円を限度とします。貸付期間は、貸し付け決定の日から4年を超えない期間とします。
貸付期間中は、年10パーセントの利息が加算されます。
(利息10%については、利息制限法で規定されている範囲内で企業団が定めたものです。)
■貸付金の返還・返還の免除(条例第6条、第7条、第8条第1項及び第2項)
(1)次の場合は、返還の義務が発生します。 この場合は、利息を付して返還することとなります。
  1. 貸付期間が満了したとき。
  2. 死亡し、又は貸し付けを受けることを辞退したとき。
  3. 貸し付けの目的を達成できる見込みがないと認められたとき。
  4. 特定診療科において医師の業務に従事しなくなったとき。
(2)次の場合は、貸付金及びその利息の全部又は一部の返還が免除されます。
  1. 特定診療科において医師の業務に従事した期間が、貸付期間に相当する期間に達したとき。(全部免除)
  2. 業務に従事する期間中に業務上の事由により死亡し、又は業務に起因する心身の故障のため業務に従事することができなくなったとき。(全部免除)
  3. 1.の場合を除くほか、特定診療科において医師の業務に従事したとき。(一部免除)
  4. 2.の場合を除くほか、死亡し、又は災害、病気その他やむを得ない事由により返還ができなくなったとき。(全部又は一部免除)
■その他
手続きの方法等詳細については、総務課 医師・看護師確保対策室又は人事給与室までお問い合わせください。
なお、制度の詳細については病院ホームページに掲載してある例規集(第8章 奨学金及び研究資金 君津中央病院企業団医師研究資金貸付条例及び同条例施行規則)からも確認できます。
(君津中央病院総務課 医師・看護師確保対策室)
現在地: ホーム 採用情報 医師募集