君津中央病院公式サイト

Font Size

SCREEN

Cpanel
現在地: ホーム お知らせ

当院を利用される方へお知らせ

個人情報を含むUSBメモリ及びノートパソコンの盗難による紛失について

平成21年3月5日
君津中央病院
TEL 0438-36-1072

このたび、標記の事態が発生したため、下記のとおりその概要について公表いたします。
当院では、日ごろから個人情報の適正な管理について取り組んでおり、特に患者情報の 管理に関しては、医療安全の一環として情報セキュリティ対策に努めてまいりました。 しかしながら、今般このような事態が起こり、患者様を始め関係の皆様には、多大なる 御心配御迷惑をお掛けしましたことを、深くお詫び申し上げます。
今後は、個人情報管理のさらなる徹底を図り、信頼の回復に向けて努めてまいります。

  1. 概 要
    当院臨床検査技師の40歳代男性職員が、学会発表準備のために患者情報 を記録したUSBメモリ及び情報処理に使用したノートパソコンを紛失し ました。自家用車内に置いた状態で車上盗に遭ったことによるもので、個 人情報の漏えいのおそれがあります。
  2. 記録情報
    USBメモリ及びパソコンには、主に婦人科の患者約1,200人分の個人 情報が記録されており、患者氏名、生年月日、年令、病名、担当医名、病 理医名等のほか、病理診断の結果などの情報が含まれています。 なお、住所、電話番号の情報は含まれておりません。
  3. 状 況
    3月4日(水)帰宅途中、午後6時から同8時過ぎまで、USBメモリ 及びノートパソコンを入れたバッグを自家用車内に置いたまま、木更津市 内の飲食店で同僚と食事をした後、帰ろうとして飲食店駐車場に駐めた自 家用車に戻ったところ、窓ガラスが割られているのを発見し、バッグの盗 難に気付いたものです。直ちに警察に通報し、被害届を提出しましたが、 発見されておりません。
  4. 患者様への説明とお詫び
    患者様には、早急に個別に御連絡し、事態の御説明を申し上げるととも に、お詫びを申し上げることとしております。
  5. 再発防止
    個人情報の管理についてあらためて徹底を期すため、全職員に文書によ る注意喚起を行うとともに、各部署において個人情報管理の総点検を行い、 病院一丸となって再発の防止に努めてまいります。

以上

セカンドオピニオン外来のご案内


セカンドオピニオン外来は、既に他の医療機関で診察を受けている患者さまを対象として、当院の医師が患者さまの主治医からの情報を基に、症状に関して参考となる意見や判断を提供し、患者さまご自身が診断や治療について判断するための支援を目的としています。
セカンドオピニオン外来では検査や治療を行ないませんので、当院での検査や治療をご希望の場合は、一般外来を受診していただくことになります。

詳しくはこちら>> セカンドオピニオン外来 『診療科』にリンクします。

病院の運営団体についてのお知らせ

病院経営に関わる権限と責任の明確化を図り、病院の抜本的な経営改革を進めるため、平成18年4月から、”地方公営企業法の全部適用”を実施し、専任の責任者(企業長)を置くこととなりました。
今後も、医療制度の改革や診療報酬改定などの医療を取巻く環境の変化に適切に対応し、地域の基幹的施設として、良質かつ高度な医療を提供できるよう努めてまいります。
また、これに伴い、病院の運営団体の名称を、「君津郡市中央病院組合」から「君津中央病院企業団」と改めました。

微量採血(血糖採血)のための穿刺器具について

平成20年7月1日
君津中央病院 医療安全部

微量採血のための穿刺器具は、主に糖尿病の方の血糖値を測定する為に、指先などに針を刺して、微量の採血を行うためのものです。
この器具は、本体・穿刺針・先端キャップの3つの部分からなっています。各部分がディスポーザブル(一回毎に廃棄し新品と交換)になっているかどうかによって3つのタイプがあります。

①器具全体がディスポーザブル(器具全体を捨てるタイプの穿刺器具)
②針と先端キャップがディスポーザブル(針と先端キャップを交換するタイプの穿刺器具)
③針のみがディスポーザブル(針のみ交換するタイプの穿刺器具)

③の針のみ交換するタイプの穿刺器具については、平成18年3月に厚生労働省から『共有しないように』との注意喚起があり、それ以降は取り扱いを改めて個人専用の使用のみとしております。その他は②の針と先端キャップを交換するタイプの穿刺器具 (詳細図)を使用しております。
平成18年3月以前には、平成9年以降に発売された下記の3種類の器具を使用しており針は一人一人交換しておりましたが、本体・先端キャップをアルコール消毒したのち次の患者様の採血に使用しておりました。なお、使用していた穿刺器具は、構造上先端キャップや器具本体に血液が付着することはほとんど無く、また採血毎に先端キャップを消毒したうえで使用していたことでの感染の可能性は極めて低いと考えられます。
平成9年から平成18年3月までに下記の製品を使用された事のある患者様について可能な限り、対応させて頂きます。また、相談窓口を設置して、随時お問い合わせ・ご相談に応じることと致します。

使用製品名 オートランセットⅡ《製造販売業者:テラメッス(株)》
ワンタッチウルトラソフト《製造販売業者:ジョンソンアンドジョンソン》
エースレット《製造販売業者:日本ベクトン・ディッキンソン》
使用していたと考えられる時期 平成9年から平成18年3月まで
使用状況 皮膚に直接触れる部分(先端キャップ)を消毒して使用。針は患者毎に交換していた。

今後の対応について この件について、ご不明な点やご相談などがございましたら、相談窓口までにお問い合わせ下さい。
相談窓口(9:00~16:00):君津中央病院 0438-36-1071 医療安全室 内線2908

現在地: ホーム お知らせ