君津中央病院公式サイト

Font Size

SCREEN

Cpanel
現在地: ホーム 広報誌「クローバー」

Uncategorised

企業長就任のごあいさつ

ごあいさつ  君津中央病院企業団 企業長 田中 正
kigyoutyou 

このたび、君津中央病院企業団企業長を拝命いたしました田中正と申します。私は、1986年4月に千葉大学医学部附属病院より当院に整形外科部長として赴任し、2012年からの3年間千葉市の病院に勤務した期間を除き、30年あまり当院に奉職しております。企業団のため、微力ではございますが、今後もなお一層頑張っていきたいと決意を新たにしているところです。

当企業団は、君津中央病院(本院)、大佐和分院、附属看護学校の3事業を運営しています。本院は内房地区の基幹病院として多くの重要な役割を担っており、がん、脳卒中、心筋梗塞、糖尿病、救急医療、周産期・小児医療などの高度医療に力を入れ、特に救急医療ではドクターヘリを有し、君津地区だけでなく県内広域の救急医療をカバーしています。さらに当院は医学教育にも力を入れ、多くの医学生、初期研修医、後期研修医を受け入れるなど優れた医師の育成に取り組むとともに、附属看護学校では毎年60名の看護師を教育し、卒業後も大半を本院において看護師としての専門教育を継続し、優秀な看護師を育てております。

日本は世界でも例を見ないスピードで高齢化が進行し、団塊の世代がすべて75歳以上の後期高齢者となる2025年以降、国民の医療・介護の需要が最大となる、といういわゆる「2025年問題」に直面しております。現在、住み慣れた地域で自分らしい暮らしを人生の最後まで続けることができるよう、地域の包括的な支援・サービス提供体制の構築を実現すべく、地域単位で取り組んでいるところです。 そのような社会情勢の中、当院は内房地区唯一の高度急性期病院として、また地域医療支援病院としての役割をしっかりと果たしていきたいと思っておりますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

現在地: ホーム 広報誌「クローバー」