君津中央病院公式サイト

Font Size

SCREEN

Cpanel
現在地: ホーム 病院の紹介 医療安全への取り組み

医療安全

当院における医療安全対策について

当院では医療事故が発生しないよう職員一丸となって以下の防止対策に取組み、医療の質の向上と適切な看護の提供に努めております。

1 医療安全に関する基本姿勢

当院の医療安全活動においては、「人間はエラーを犯すもの」という観点に立ち医療事故を起こした個人の責任を追及するのではなく、医療事故を発生させた安全管理システムの不備や不十分な点に注目し、その根本原因を追求し、これを改善していくことを主眼とします。また「常に医療事故を絶対に防ぐ」という強い信念のもと、患者さまに信頼される医療サービスの提供と医療の質の向上を求めていくことを当院の医療安全の基本姿勢とします。こうした基本姿勢をベースにした医療安全活動の必要性、重要性を全部署及び全職員に周知徹底し院内共通の課題として積極的な取り組みを行います。

2 安全管理の具体策

  • (1)医局、看護局、医療技術部門等の各セクションで医療事故予防の為のマニュアル作成
  • (2)インシデントレポートの提出義務
    病院内で患者さまに対し診療上、「ヒヤリ、ハットしたこと」が発生した場合に即時対応するため随時レポートの提出を義務づけております。
  • (3)医療安全部及び医療安全委員会の設置
    • ①院内で発生したインシデントレポートの報告を医療安全委員会※で協議し、対策を検討します。
      ※副院長含め4名の医師、看護師6名、薬剤師2名、臨床工学技士1名、管理栄養士1名、理学療法士2名、診療放射線技師1名、臨床検査技士1名、事務長他事務員3名
    • ②これらの安全対策を管理し実行する組織として医療安全部をもうけ、責任者として部長を任命しております。
  • (4)医療事故対策として外来診療時の氏名確認、スタッフ同士の複数によるオーダーの確認、点滴の際の指差確認等を徹底し、また手術、点滴、投薬、レントゲン撮影等の実施時に「患者さまの取り違い」のないようにご面倒でも患者さまにネームバンドの着用をお願いし、バーコードによる三点認証を実施しております。転倒転落防止については患者さまにパンフレットを配布し、ご注意を呼びかけると共に入院時に転倒転落アセスメントスコアによるリスク評価を行い、計画に反映させています。
  • (5)当院における医療安全に関する基本的な考え方や個別事例に対する予防・再発防止策の周知徹底のため、職員全員を対象にした教育・研修を計画的に実施しています。
  • (6)常に医療の現場に医療事故がないよう各セクションにリスクマネージャーを置いて情報の収集をし、患者さまと一体となった医療事故防止対策に努めることを心がけております。

以上のような医療事故防止策を全職員に周知し、万全を尽くしております。

医療安全部長 須藤義夫

君津中央病院における医療上の事故等の報告状況について

君津中央病院では、医療の提供過程で発生した医療上の事故等について、原因の究明及び再発防止策の検討を行い、これを明らかにすることにより、患者・家族に対し、当院の提供する医療の透明性を確保するため、平成30年度に発生した医療上の事故等の報告状況を、「君津中央病院における医療上の事故等の公表基準」(以下、「公表基準」という。)に基づいて、包括的に公表いたします。

1 医療上の事故等の報告状況

平成30年度に発生した君津中央病院におけるアクシデント及びインシデントの報告状況について、包括的に公表します。

  • (1) 事象レベル別報告状況 [表1]
    医療の提供過程で発生した「医療上の事故等」を、その影響度レベルに応じて下表のとおり「0」から「5」まで7段階に分類しています。 平成30年度において、報告のあった「医療上の事故等」の総数は1,791件で、このうち、影響度レベル3b以上のアクシデントは23件(1.3%)、3a以下のインシデントは1,768件(98.7%)でした。
  • [表1] 事象レベル別報告件数(平成30年4月~平成31年3月)

    事象レベル事象レベル件数
    インシデント 0 131 7.3
    1 1,139 63.6
    2 333 18.6
    3a 165 9.2
    アクシデント 3b 23 1.3
    4 0 0.0
    5 0 0.0
    合計   1,791 100
  • (2) 事由別報告状況 [表2]
    平成30年度において、事由別にみると、「ドレーン・チューブ」に関するものが452件で全体の25.2%と最も多く、次いで「薬剤・血液製剤」に関するものが439件で全体の24.5%となっています。以下は、「転倒・転落」291件(16.3%)、「その他」246件(13.7%)が多くなっています。
  • [表2] 事由別報告件数(平成30年4月~平成31年3月)

    区分具体例件数
    薬剤・血液製剤 点滴終了間違い、重複投与 439 24.5
    輸血 ルート間違い、流速違い 10 0.6
    治療・処置・診察 手術の合併症、部位間違い 106 5.9
    医療機器等 設定条件間違い、賃借機器の誤廃棄 58 3.2
    ドレーン・チューブ チューブの自己抜去、誤挿入 452 25.2
    検査 消化管検査の造影剤違い、尿検体取違い 146 8.2
    療養上の世話 体位交換時の皮膚損傷、臀部水疱形成 43 2.4
    転倒・転落 移乗時の転倒、トイレ歩行での転倒 291 16.3
    その他 患者情報の置き忘れ 246 13.7
    合計   1,791 100
  • (参考)医療上の事故等の影響レベルと事案の公表基準

    レベル傷害の状況医療上の事故等の調査委員会を開催した事案左記以外
    明らかに誤った医療行為、
    又は管理に起因する事案
    その他の事案
    アクシデント 5 死 亡 個別公表
    (覚知時・調査終了時)
    包括公表 報告件数の
    公表
    4 永続的に障害や
    後遺症が残存
    個別公表
    (覚知時・調査終了時)
    包括公表
    3b 一過性に濃厚な
    処置・治療を要した
    個別公表
    (覚知時・調査終了時)
    包括公表
    インシデント 3a 一過性に簡易な
    処置・治療を要した
    報告件数の
    公表
    2 処置や治療はなし
    1 患者への実害はなし
    0  

     

現在地: ホーム 病院の紹介 医療安全への取り組み