君津中央病院公式サイト

Font Size

SCREEN

Cpanel
現在地: ホーム 病院の紹介 病院指標

病院指標

君津中央病院 病院指標

令和2年度君津中央病院 病院指標

【DPC病院情報の公表】

 病院指標公開の目的 当院ではDPC(診断群分類別包括制度)データから、全国統一の定義と形式に基づいた指標を作成し、地域の皆さまに情報公開を進めております。この病院指標は、数値やデータを解説することにより、皆さまに当院の特徴や、急性期医療の現状を理解していただくことを目的として公開しております。

【集計方法と定義】

  • 令和2年4月1日から令和3年3月31日までに退院された患者さまが対象
  • 医療保険を使用された患者さまが対象で、自賠責、労災、自費等は対象外
  • 平均年齢は、最初の入院日時点の満年齢
  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 726 223 282 445 751 1121 2176 4294 2243 54
 令和2年度に当院の一般病棟を退院された患者さまの人数(総数:12,261人)を10歳刻みの年齢階層別に集計したものです。幅広い年齢層の患者さまにご利用いただいておりますが、60歳以上の患者さまの占める割合が全体の71.5%で、当地域の高齢化を反映していると思われます。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
161070xxxxx00x 薬物中毒(その他の中毒) 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 50 2.90 3.81 8.00 47.02  
110310xx99xxxx 腎臓又は尿路の感染症 手術なし 36 12.33 13.00 16.67 76.75  
040081xx99x0xx 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 23 15.61 20.51 30.43 81.65  
161020xxxxx00x 体温異常 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 11 8.09 6.10 9.09 62.18  
050130xx9900xx 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 7 15.00 17.23 28.57 76.71  
 薬物中毒、誤嚥性肺炎、肺炎、急性気管支炎、尿路感染症などの急性期疾患の入院を多く受け入れております。誤嚥性肺炎や尿路感染症の入院では、高齢者の患者さまが多く、病状安定後は転院や施設への入所の調整を多く行っております。
呼吸器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 89 3.16 3.39 0.00 68.71  
040040xx9900xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 68 10.72 13.30 13.24 71.74  
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 手術・処置等2なし 52 20.23 18.61 9.62 71.83  
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 定義副傷病なし 44 7.36 9.42 2.27 70.20  
040200xx99x00x 気胸 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 25 8.12 9.18 0.00 54.36  
 呼吸器内科で入院患者が多いのは、悪性腫瘍、間質性肺炎、気胸等の胸膜に関する疾患です。特に悪性腫瘍や胸膜疾患については、呼吸器外科や放射線治療科とも密に連携して治療にあたっています。
消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 271 7.20 9.53 1.11 75.01  
060100xx01xxxx 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 253 2.36 2.66 0.00 67.34  
060340xx03x01x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2なし 定義副傷病あり 66 16.36 17.90 7.58 80.71  
060020xx04xxxx 胃の悪性腫瘍 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 60 7.13 8.11 0.00 74.07  
060102xx99xxxx 穿孔又は膿瘍を伴わない憩室性疾患 手術なし 55 8.22 7.74 0.00 64.42  
 消化器内科で最も多い疾患は、総胆管結石と内視鏡治療目的の大腸ポリープとなっております。この他では、胃・大腸などの早期癌及びそれに準じた腫瘍、出血を生じた胃・十二指腸潰瘍などが多く、これらに対し内視鏡を用いた治療や外科手術に備えた精査検査、抗癌剤による治療を行っています。
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx0200xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1なし、1,2あり 手術・処置等2なし 301 3.29 4.44 1.00 71.92  
050070xx01x0xx 頻脈性不整脈 経皮的カテーテル心筋焼灼術 手術・処置等2なし 277 4.32 4.95 0.00 67.28  
050050xx9910xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等11あり 手術・処置等2なし 276 2.69 3.07 0.00 69.43  
050050xx9920xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等12あり 手術・処置等2なし 101 2.74 3.26 0.00 69.95  
050130xx9900xx 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 100 15.10 17.23 12.00 79.16  
 全国平均に比べ平均在院日数が少ないのが特徴です。血管内治療は最新の道具や技術で行われており、夜間休日の当直帯も、院内には循環器内科医師が1~2名待機し緊急対応を行っております。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他) 定義副傷病なし 28 5.54 6.47 0.00 1.86  
040100xxxxx00x 喘息 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 25 5.44 6.46 0.00 4.52  
010230xx99x00x てんかん 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 23 4.52 7.48 13.04 4.04  
110310xx99xxxx 腎臓又は尿路の感染症 手術なし 21 9.52 13.00 0.00 2.10  
060380xxxxx00x ウイルス性腸炎 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 17 4.65 5.86 0.00 4.76  
 急性気管支炎、気管支喘息発作、てんかん発作、尿路感染症、ウイルス性腸炎等の急性疾患で、4歳以下の子供が入院の中心となります。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060160x001xxxx 鼠径ヘルニア(15歳以上) ヘルニア手術 鼠径ヘルニア等 148 4.11 4.86 0.68 69.96  
060035xx010x0x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術・処置等1なし 定義副傷病なし 79 15.76 16.19 0.00 71.06  
060335xx02000x 胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 50 6.82 7.23 0.00 65.24  
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 45 9.91 9.08 0.00 70.62  
060150xx03xxxx 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等 40 5.63 5.44 0.00 40.28  
 当院はがん診療連携拠点病院・3次救急病院であり、地域の中核をなす病院です。外科手術症例は鼠径ヘルニアなどの一般外科症例から、癌の高難度手術から多くの緊急手術症例まで多岐にわたります。癌では大腸癌症例が最も多く、また、緊急手術では腸閉塞、消化管穿孔に伴う腹膜炎などの疾患が多くなっています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節・大腿近位の骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 87 25.08 25.09 72.41 79.38  
07040xxx01xxxx 股関節骨頭壊死、股関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 74 18.00 21.03 4.05 69.89  
070343xx99x1xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 手術なし 手術・処置等21あり 68 2.00 2.68 0.00 70.79  
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 58 20.67 23.36 8.62 73.62  
160760xx97xx0x 前腕の骨折 手術あり 定義副傷病なし 48 2.81 5.18 0.00 53.92  
 大腿骨骨折など外傷を中心とした急性期疾患から変形性関節症、脊柱管狭窄症などの慢性期疾患まで多様な運動器疾患に対して、地域の基幹病院として最先端診療を行っております。近年は高齢化にともない患者様は高齢な方が多くを占めており、地域の病院、診療所、リハビリテーション病院などと密に連携して切れ目ない治療を目指して診療を行っています。
形成外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020230xx97x0xx 眼瞼下垂 手術あり 手術・処置等2なし 18 2.11 3.07 0.00 72.89  
080007xx010xxx 皮膚の良性新生物 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)等 手術・処置等1なし 16 4.38 4.06 0.00 36.63  
080220xx97xxxx エクリン汗腺の障害、アポクリン汗腺の障害 手術あり 3 2.67 6.73 0.00 15.67  
020320xx97xxxx 眼瞼、涙器、眼窩の疾患 手術あり 2 2.00 3.18 0.00 76.50  
060170xx02xxxx 閉塞、壊疽のない腹腔のヘルニア ヘルニア手術 腹壁瘢痕ヘルニア等 2 3.00 8.17 0.00 1.50  
 診断群分類別でも、診療科別主要手術と同様に眼瞼下垂と良性腫瘍がほとんどを占めています。そのほかの2群は腋臭症(わきが)、臍ヘルニア(臍突出症)症例です。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 102 10.45 9.68 12.75 75.97  
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 定義副傷病なし発症前Rankin Scale 0、1又は2 70 16.84 15.64 37.14 67.63  
010040x099000x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 61 23.48 18.86 59.02 62.57  
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 50 6.50 8.18 4.00 56.26  
010230xx99x00x てんかん 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 38 8.29 7.48 7.89 60.42  
 当院は4市(木更津、君津、富津、袖ケ浦)の3次救急医療を担っているため、転倒や交通外傷で受傷された患者さんが多数搬送され、手術例、非手術例ともに多い状況です。また、国民病と言える脳卒中(くも膜下出血、脳内出血、脳梗塞)の患者さんも多く、脳梗塞に関しては超急性期治療としてはt-PAの静脈投与血栓溶解療法やカテーテルでの血栓回収術を行っています。脳内出血に関しては、そのほとんどが血圧管理による保存的加療を選択しますが、必要に応じて緊急での開頭血腫除去術も対応しています。脳卒中はその多くがリハビリテーションを必要としていますが、リハビリテーションの専門的医療機関との地域連携を図っています。くも膜下出血の原因となる脳動脈瘤に対しては、本当に治療が必要かどうか精査し、必要に応じて開頭術(ネッククリッピング術)、血管内治療(脳動脈瘤コイル塞栓術)の治療を選択しています。
呼吸器外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx97x00x 肺の悪性腫瘍 手術あり 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 85 9.56 10.83 0.00 70.42  
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 65 2.88 3.39 0.00 71.62  
040200xx01x00x 気胸 肺切除術等 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 37 9.30 10.08 0.00 32.35  
040040xx99070x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等27あり 定義副傷病なし 31 5.71 10.32 0.00 68.29  
040040xx99080x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等28あり 定義副傷病なし 18 5.44 9.40 0.00 72.78  
 肺癌、転移性肺腫瘍の手術目的の入院、内視鏡検査の入院、肺癌術後若しくは再発時の薬物療法のための入院が上位を占めています。令和2年度は例年に比べ気胸手術が増加しました。
心臓血管外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110280xx02x00x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術、吻合術 その他の動脈等 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 28 5.04 8.15 0.00 68.54  
050080xx0101xx 弁膜症(連合弁膜症を含む。) ロス手術(自己肺動脈弁組織による大動脈基部置換術)等 手術・処置等1なし 手術・処置等21あり 16 22.31 22.56 0.00 69.94  
050163xx9910xx 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 手術なし 手術・処置等11あり 手術・処置等2なし 16 3.50 4.44 0.00 75.06  
050163xx03x1xx 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 ステントグラフト内挿術 手術・処置等21あり 13 14.00 15.88 0.00 76.23  
050161xx97x1xx 解離性大動脈瘤 その他の手術あり 手術・処置等21あり 12 32.08 29.23 33.33 67.00  
 弁膜症、虚血性心疾患、大動脈疾患、末梢血管疾患など幅広く治療にあたっております。また、当院には透析センターも併設されており、内シャント作成術を含めたブラッドアクセス造設術も行なっております。
小児外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
140590xx97xxxx 停留精巣 手術あり 43 3.33 3.02 0.00 4.23  
060160x101xxxx 鼠径ヘルニア(15歳未満) ヘルニア手術 鼠径ヘルニア等 36 3.00 2.79 0.00 4.39  
11022xxx01xxxx 男性生殖器疾患 精索捻転手術等 20 2.50 3.84 0.00 7.15  
060150xx03xxxx 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等 14 6.36 5.44 0.00 10.50  
060150xx99xx0x 虫垂炎 手術なし 定義副傷病なし 13 7.54 7.17 0.00 11.15  
 入院全体では鼠径ヘルニアや精系水腫、移動性精巣と停留精巣が多くを占め、救急疾患では小児でも虫垂炎が上位となっています。膿瘍を伴う虫垂炎(穿孔性)は進行して腹膜炎や周囲臓器と癒着などを起こしていて、手術にかかる時間や入院期間も比較的早い段階の虫垂炎に比べ延長する傾向にあります。膿瘍を伴わない虫垂炎でも腹膜炎の進行度、程度によっては術後治療に日数を要し在院日数が延長する場合があります。
産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
12002xxx99x40x 子宮頸・体部の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等24あり 定義副傷病なし 57 4.56 4.44 0.00 65.86  
120180xx01xxxx 胎児及び胎児付属物の異常 子宮全摘術等 50 8.98 9.45 0.00 33.26  
120010xx99x50x 卵巣・子宮附属器の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等25あり 定義副傷病なし 44 4.45 4.34 0.00 64.70  
120170x101xxxx 早産、切迫早産(妊娠週数34週未満) 子宮破裂手術等 36 48.42 37.20 0.00 33.17  
120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍 子宮全摘術等 35 9.89 9.57 0.00 46.80  
 卵巣がん、子宮がんの患者さまに入院化学療法を行っているため患者数が多くなっています。また在院日数は全国平均とほぼ同じであり、適正に治療が行われていると判断しています。子宮の良性腫瘍手術の在院日数も全国平均とほぼ同じであり、適正に治療が行われています。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020110xx97xxx0 白内障、水晶体の疾患 手術あり片眼 536 2.00 2.76 0.00 74.84  
020220xx97xxx0 緑内障 その他の手術あり片眼 41 3.63 5.79 0.00 78.22  
020160xx97xxx0 網膜剥離 手術あり片眼 32 8.66 8.97 0.00 60.16  
020200xx9710xx 黄斑、後極変性 手術あり 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 32 6.38 6.49 0.00 67.63  
020180xx97x0x0 糖尿病性増殖性網膜症 手術あり 手術・処置等2なし片眼 15 6.93 6.98 0.00 57.40  
 緊急対応が必要な疾患(外傷・黄斑疾患・網膜剥離・緑内障発作など)に対しては、できるだけ速やかな手術・処置を心掛けております。
耳鼻いんこう科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030240xx01xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 扁桃周囲膿瘍切開術等 45 7.73 8.44 0.00 44.93  
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎 40 6.60 6.71 0.00 53.93  
030150xx97xxxx 耳・鼻・口腔・咽頭・大唾液腺の腫瘍 手術あり 35 6.26 7.20 0.00 54.26  
03001xxx0100xx 頭頸部悪性腫瘍 頸部悪性腫瘍手術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 31 12.77 13.68 0.00 67.03  
030230xxxxxxxx 扁桃、アデノイドの慢性疾患 22 7.45 7.94 0.00 13.73  
 耳鼻咽喉科の治療・手術全般を行っています。新型コロナの影響で良性疾患の予定手術は減少し、救急疾患が多くなっています。DPCコード別で最も多いものは、急激な喉の痛みで発症し、時に生命に関わる扁桃周囲膿瘍や喉頭蓋炎の治療の方です。2番目は副鼻腔炎の内視鏡手術、3番目は喉や唾液腺腫瘍の手術、4番目は喉や首などの耳鼻咽喉科領域の悪性腫瘍である頭頚部癌の治療です。頭頚部癌では病気の進行や治療により生活の質が落ちることが多く、患者さんとよく相談しながら治療方針を考慮しております。5番目は慢性扁桃炎や睡眠時無呼吸症候群などに行う扁桃摘出術やアデノイド切除術で入院される方です。いずれの疾患も全国平均より早く退院できています。
脳神経内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 定義副傷病なし発症前Rankin Scale 0、1又は2 31 19.90 15.64 45.16 68.16  
010080xx99x0x1 脳脊髄の感染を伴う炎症 手術なし 手術・処置等2なし15歳以上 16 27.56 17.00 25.00 50.50  
010040x199x0xx 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10以上) 手術なし 手術・処置等2なし 15 35.20 22.35 66.67 70.13  
010230xx99x00x てんかん 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 12 7.92 7.48 8.33 55.42  
010040x099000x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 10 18.50 18.86 50.00 68.40  
 当院は脳神経内科の拠点病院として、急性期脳卒中(脳梗塞・脳出血)やてんかん、神経系感染症などの脳神経疾患の診療を行っています。脳卒中などで麻痺等の後遺症のある患者さまについては、専門的なリハビリテーション治療を受けられるよう、回復期リハビリテーション病院と連携し、切れ目のないリハビリテーションを行っています。
皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080006xx01x0xx 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外) 皮膚悪性腫瘍切除術等 手術・処置等2なし 39 5.08 7.71 2.56 76.87  
080007xx010xxx 皮膚の良性新生物 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)等 手術・処置等1なし 22 2.68 4.06 0.00 55.36  
080010xxxx0xxx 膿皮症 手術・処置等1なし 21 10.76 12.87 0.00 60.48  
161070xxxxx00x 薬物中毒(その他の中毒) 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 8 4.88 3.81 0.00 52.25  
02001xxx97x0xx 角膜・眼及び付属器の悪性腫瘍 手術あり 手術・処置等2なし 6 4.50 7.75 0.00 79.67  
 患者数における高齢者の割合が多く、皮膚の悪性腫瘍治療での入院が多くなっております。平均在院日数は7日程度を目標にしております。蜂窩織炎・丹毒におきましては、全身管理と抗生剤の投与において感受性を重視し、必要十分な治療期間を心がけております。皮膚良性腫瘍については、再建において術後の仕上がりを重視した手術法の選択を心がけています。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110080xx991xxx 前立腺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1あり 196 2.27 2.54 0.00 72.88  
110070xx03x0xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等2なし 105 7.79 7.13 0.00 72.75  
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術 手術・処置等1なし 定義副傷病なし 55 5.36 5.67 0.00 64.69  
110310xx99xxxx 腎臓又は尿路の感染症 手術なし 45 11.36 13.00 8.89 75.16  
110310xx01xxxx 腎臓又は尿路の感染症 経皮的腎(腎盂)瘻造設術等 40 10.93 14.16 2.50 70.93  
 前立腺癌、膀胱癌、腎臓癌、尿管癌などの泌尿器悪性腫瘍について、ダヴィンチ手術、内視鏡手術、光力学的診断を併用した経尿道的手術、開腹手術、放射線治療、抗がん剤治療など幅広く対応しております。悪性腫瘍以外についても、尿路結石や前立腺肥大症に対するレーザー治療、尿路感染、泌尿器外傷などにも対応しております。
腎臓内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110280xx9901xx 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等21あり 8 16.13 14.01 12.50 72.75  
110280xx02x1xx 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術、吻合術 その他の動脈等 手術・処置等21あり 2 17.00 33.50 0.00 46.50  
110280xx9900xx 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 1 7.00 11.04 0.00 68.00  
               
               
 常勤医不在ではありますが、近隣施設からのご紹介や院内他科の依頼を受け、健康診断での尿検査異常や腎機能障害・腎不全をはじめとする腎臓病全般の診療を行っています。慢性腎不全などにより人工透析が必要な場合や合併症がある場合には、関連する診療科と連携して治療します。また、当院で対応困難な検査(腎生検など)や治療が必要な場合は、千葉大学医学部附属病院・帝京大学ちば総合医療センター・亀田総合病院と連携し対応しています。
膠原病内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070560xx99x00x 重篤な臓器病変を伴う全身性自己免疫疾患 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 29 21.86 15.28 6.90 64.52  
070470xx99x0xx 関節リウマチ 手術なし 手術・処置等2なし 7 21.29 15.90 0.00 82.71  
110310xx99xxxx 腎臓又は尿路の感染症 手術なし 5 13.40 13.00 0.00 69.40  
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 手術・処置等2なし 3 17.33 18.61 0.00 44.67  
070560xx97xxxx 重篤な臓器病変を伴う全身性自己免疫疾患 手術あり 3 119.33 37.12 33.33 73.00  
 重篤な臓器病変を伴う膠原病(例:急性間質性肺炎を伴う皮膚筋炎や、急速進行性糸球体腎炎を伴う全身性エリテマトーデス等)の治療目的の入院が多くありました。免疫抑制療法に伴う感染症は少なかったです。高齢者ではリハビリ目的の転院、他施設への入所の調整が多くありました。
新生児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
140010x199x0xx 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術なし 手術・処置等2なし 35 10.66 6.13 0.00 0.00  
140010x299x0xx 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重1500g以上2500g未満) 手術なし 手術・処置等2なし 32 17.78 11.19 6.25 0.00  
140010x199x1xx 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術なし 手術・処置等21あり 21 11.90 10.91 0.00 0.00  
140010x299x2xx 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重1500g以上2500g未満) 手術なし 手術・処置等22あり 19 29.00 28.12 0.00 0.00  
140010x297x2xx 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重1500g以上2500g未満) 手術あり 手術・処置等22あり 7 38.71 34.40 0.00 0.00  
 当院は地域周産期母子医療センターの認定を受けております。新生児集中治療室(NICU)、新生児治療回復室(GCU)を備えており、早産児、低出生体重児、病的新生児等の入院治療に対応しています。
緩和医療科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx9900xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 18 38.06 13.30 0.00 75.00  
06007xxx9900xx 膵臓、脾臓の腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 16 32.44 11.24 0.00 72.31  
060035xx99x0xx 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2なし 9 39.00 8.33 0.00 77.00  
03001xxx99x0xx 頭頸部悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2なし 5 21.80 12.17 0.00 74.00  
060020xx99x0xx 胃の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2なし 5 31.00 10.73 0.00 68.20  
 最新の医療を尽くしても治療や延命が困難な終末期がん患者様の疼痛などのつらい症状を和らげ、穏やかに過ごせることを目的とした入院を多く受け入れています。症状が落ちついた場合は、在宅療養や施設での療養が行えるよう退院支援も行っています。
血液内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
130030xx99x4xx 非ホジキンリンパ腫 手術なし 手術・処置等24あり 24 8.54 11.14 0.00 73.50  
130030xx99x5xx 非ホジキンリンパ腫 手術なし 手術・処置等25あり 16 21.00 20.27 6.25 76.75  
130060xx99x4xx 骨髄異形成症候群 手術なし 手術・処置等24あり 6 12.00 10.18 0.00 67.00  
130030xx99x6xx 非ホジキンリンパ腫 手術なし 手術・処置等26あり 5 17.20 14.15 0.00 81.20  
130030xx97x00x 非ホジキンリンパ腫 手術あり 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 3 29.33 8.20 0.00 74.00  
 血液内科では、基本的に悪性リンパ腫や多発性骨髄腫、骨髄異形成症候群に対する化学療法を外来化学療法で行っていますが、初回の化学療法導入および化学療法に対する忍容性を考慮し、入院での化学療法を行っております。入院期間はできるだけ短期間とし、患者さんが日常生活に早く復帰できるよう努めています。
糖尿病・内分泌・代謝内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
10007xxxxxx1xx 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。) 手術・処置等21あり 55 13.33 14.60 1.82 65.13  
100180xx990x0x 副腎皮質機能亢進症、非機能性副腎皮質腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 定義副傷病なし 45 3.84 6.26 0.00 56.42  
10007xxxxxx0xx 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。) 手術・処置等2なし 29 9.79 11.26 0.00 62.31  
100040xxxxx00x 糖尿病性ケトアシドーシス、非ケトン昏睡 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 15 9.20 13.33 0.00 51.53  
100120xx99xxxx 肥満症 手術なし 14 13.71 14.90 0.00 47.14  
 入院患者さまのうち、約8割の方が生活習慣と関連のある「2型糖尿病」もしくはそれに関連した疾患です。当科では糖尿病がどのような病気であるか、今後どのような治療をしていけば良いかをご理解いただく目的で、約2週間の糖尿病教育入院を実施しております。個々の患者さまの生活習慣病や合併症に応じて最適な治療方法をご提案いたします。副腎疾患など内分泌疾患の入院も増加傾向にあります。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 97 10 30 65 8 58 1 8
大腸癌 41 39 107 64 19 68 1 8
乳癌 19 16 3 4 0 10 1 8
肺癌 68 23 57 104 8 118 1 8
肝癌 12 9 11 7 4 84 1 8

※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約

 罹患率の高い5大癌(胃癌・大腸癌・乳癌・肺癌・肝癌)について、病期(ステージ)ごとに入院患者数を集計したものです。当院は「地域がん診療連携拠点病院」の指定を受けており、総合的ながん医療を提供しています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等
  患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 1 9.00 38.00
中等症 50 16.30 74.48
重症 30 16.97 80.20
超重症 10 22.70 80.20
不明 0 0 0
 成人(20歳以上)の肺炎の患者さまについて、患者数、平均在院日数及び平均年齢を集計したものです。肺炎の入院治療については、呼吸器内科で診療を行っており、重症度が高い患者さまほど平均年齢が高いことが分かります。
脳梗塞の患者数等
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 351 25.69 74.46 47.50
その他 9 28.44 70.56 1.39
 脳梗塞の疾患別の患者数、平均在院日数、平均年齢及び転院率を集計したもので、当院では脳卒中地域連携パスなどを使用して、麻痺等の後遺症のある患者さまは専門的リハビリテーションを受けられるよう地域との連携を密にし、早期退院(転院)を進めています。「ICD-10」とは、異なる国や地域から異なる時点で集計された死亡や疾病のデータを体系的な記録、分類、解釈及び比較を行うため世界保健機構(WHO)が作成した分類で、10回目の改訂版を言います。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 371 1.36 10.09 3.23 75.85  
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 215 0.04 1.10 0.00 67.17  
K654 内視鏡的消化管止血術 69 0.23 8.30 5.80 68.87  
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層) 59 0.00 6.83 1.69 74.47  
K6852 内視鏡的胆道結石除去術(その他) 57 0.16 4.09 0.00 76.88  
 胆石や腫瘍による胆道閉塞に伴う胆管炎や黄疸を改善するための内視鏡治療、胃・腸などの消化管に生ずるポリープや腫瘍を切除する粘膜下層剥離術を含む各種内視鏡治療、さらには肝臓癌へのカテーテル治療としての手術を多く行っております。
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5951 経皮的カテーテル心筋焼灼術(心房中隔穿刺、心外膜アプローチ) 250 1.22 2.44 0.40 68.88  
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 196 1.63 1.47 1.02 71.43  
K5461 経皮的冠動脈形成術(急性心筋梗塞) 69 0.03 9.84 0.00 68.09  
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 60 1.37 1.52 3.33 73.08  
K5481 経皮的冠動脈形成術(高速回転式経皮経管アテレクトミーカテーテル) 51 1.02 2.31 3.92 74.43  
 心房細動などのアブレーション治療は、年間250件前後行われております。再発率が低く、合併症も少ないのが特徴です。心筋梗塞などの緊急治療も、2019年10月からは心臓カテーテル室増室により日中にはお断りすることがなくなりました。冠動脈石灰化病変を削るアテレクトミーは、ロータブレーターとダイアモンドバックを使い分けながら、安全第一で施行しています。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 鼠径ヘルニア手術 148 1.01 2.10 0.68 69.96  
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 87 1.23 4.33 0.00 65.01  
K7193 結腸切除術(全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術) 76 8.62 16.26 3.95 73.74  
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 39 0.64 3.79 0.00 39.28  
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 30 2.17 10.03 0.00 68.63  
 外科手術症例は、鼠径ヘルニアなどの一般外科症例から癌の高難度手術から多くの緊急手術症例まで多岐に渡ります。癌では大腸癌症例が最も多く、また、緊急手術では腸閉塞、消化管穿孔に伴う腹膜炎などの疾患が多くなっています。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0821 人工関節置換術(肩,股,膝) 135 1.49 17.10 5.93 71.36  
K0461 骨折観血的手術(肩甲骨,上腕,大腿) 83 1.84 17.87 54.22 72.93  
K1426 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(椎弓形成) 59 1.37 16.95 30.51 71.12  
K1422 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(後方又は後側方固定) 52 3.38 33.08 55.77 69.38  
K0811 人工骨頭挿入術(肩,股) 35 3.29 20.37 60.00 78.89  
 人工股関節や人工膝関節など関節外科や脊柱管狭窄症など脊椎外科、手外科、大腿骨骨折など骨折治療までさまざまな運動器疾患や外傷の診療を行っており、年間手術件数は1000件程度を維持しています。人工関節では低侵襲手術や積極的なリハビリテーションを行い、脊椎手術ではナビゲーションシステムにより安全性の高い治療を行っています。外傷、骨折については早期手術、早期リハビリテーションを行い、合併症の少ない治療を目指しております。
形成外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2193 眼瞼下垂症手術(その他) 12 0.00 1.00 0.00 73.08  
K2191 眼瞼下垂症手術(眼瞼挙筋前転法) 5 0.00 1.40 0.00 73.00  
K0052 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2cm以上4cm未満) 4 1.00 1.00 0.00 7.75  
K0053 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径4cm以上) 4 0.75 3.00 0.00 45.25  
K0063 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径6cm以上12cm未満) 4 0.75 2.00 0.00 53.00  
 一般病院の形成外科で最も多い手術は皮膚、皮下の良性腫瘍摘出術ですが、その大部分は外来手術として行っています。入院で行うのは小児例や大きな腫瘍や深部組織にあるものなど全身麻酔や脊椎麻酔などを要するものとなります。そのため入院手術としては逆に眼瞼下垂症例が多くなっています。当院では高齢者の眼瞼下垂症例が中心であり抗凝固剤内服中の患者様も多いため、原則として2~3日間の術後入院として手術を行っています。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 89 0.38 9.44 12.36 79.19  
K178-4 経皮的脳血栓回収術 51 0.27 27.82 62.75 77.84  
K1781 脳血管内手術(1箇所) 35 1.29 26.83 28.57 65.51  
K609-2 経皮的頸動脈ステント留置術 19 1.58 11.74 5.26 73.63  
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所) 15 2.13 48.33 60.00 60.27  
 脳神経外科で最も多い手術は、慢性硬膜下血腫に対する穿頭洗浄ドレナージ術です。高齢者の頭部外傷後2~3か月後に発症することが多い疾患ですが、認知機能低下が主症状のこともあり、手術で治る認知症の一つです。局所麻酔下で可能なので、高齢者でも手術を受けられます。脳梗塞の治療も劇的に変化しており、特に超急性期(発症から8時間以内)の脳梗塞患者さんに、カテーテルを用いて脳の血管の詰まった部分の血栓を取り出す方法の有効性が示されています。当院は千葉県下でも血栓回収術を数多く施行しており、再開通率は極めて高い値を維持しています。くも膜下出血の原因となる脳動脈瘤に対しては、開頭術(クリッピング)、血管内手術(コイル塞栓)も多く行われ、動脈瘤の形状や大きさ、年齢、全身状態などを踏まえて、適切な治療を選択、施行しています。また、脳腫瘍に対する摘出術も、ナビゲーションシステムや術中蛍光撮影などを用いて、より安全に行えるようにしています。生活習慣病が原因で、脳梗塞の原因となる頸部頸動脈狭窄症に対して、狭窄部にステントを留置して広げる手術を施行しています。塞栓防止や術前後の脳血流の評価等を行い、合併症が起きないように施行しています。
呼吸器外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K514-23 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超える) 45 1.42 7.53 0.00 69.98  
K5131 胸腔鏡下肺切除術(肺嚢胞手術(楔状部分切除)) 37 5.00 4.08 0.00 34.41  
K514-21 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(部分切除) 29 2.90 5.93 3.45 72.14  
K496-4 胸腔鏡下膿胸腔掻爬術 8 15.25 14.50 0.00 63.63  
K514-22 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(区域切除) 8 2.00 7.50 0.00 66.38  
 近年9割以上の手術で内視鏡(胸腔鏡)を使用しています。肺癌に対する肺葉切除(標準手術)、気胸に対する肺嚢胞切除、肺癌や転移性肺腫瘍に対する部分切除(縮小手術)が上位を占めています。予定手術は可能な限り前日入院とし、また入院前から呼吸リハビリ指導を開始することで、術後の早期離床・早期退院を目指しています。
 また令和2年度からは、症例によっては4cmの創、1ヶ所からの肺がん手術(Uni Port VATS)を行っています。
心臓血管外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6121イ 末梢動静脈瘻造設術(内シャント造設術)(単純) 28 1.32 2.71 0.00 67.32  
K5551 弁置換術(1弁) 13 9.08 19.92 7.69 67.31  
K5612イ ステントグラフト内挿術(1以外の場合)(胸部大動脈) 10 7.10 11.00 0.00 63.20  
K5606 大動脈瘤切除術(腹部大動脈(分枝血管の再建を伴うもの)) 9 6.00 28.22 0.00 72.67  
K5522 冠動脈、大動脈バイパス移植術(2吻合以上) 8 8.88 53.75 25.00 70.75  
 大動脈弁疾患では主に弁置換術、僧帽弁三尖弁疾患では弁形成術を基本としております。大動脈瘤や大動脈解離に対しては、患者さん一人一人の状態に応じて人工血管置換術やステントグラフト内挿術を選択しています。冠動脈バイパス術単独では心拍動下にバイパス手術を行うことが多いですが、弁や大動脈疾患と同時にバイパス手術を行う場合では心機能に応じて心停止下または心拍動下に行なっております。また、当院には透析センターも併設されており、内シャント作成術を含めたブラッドアクセス造設術も行なっております。
小児外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K836 停留精巣固定術 46 0.93 1.33 0.00 4.70  
K6335 鼠径ヘルニア手術 45 1.00 1.00 0.00 4.11  
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 14 0.50 4.86 0.00 10.50  
K8381 精索捻転手術(対側の精巣固定術を伴う) 5 0.20 0.80 0.00 11.60  
K7512 鎖肛手術(会陰式) 4 9.00 31.75 0.00 0.00  
 当医療圏内に小児外科疾患で入院・手術加療のできる医療機関はほかになく、一般的な疾患が主体となっています。移動性精巣や停留精巣、鼠径ヘルニアや精系水腫、虫垂炎に対する手術が多くなっています。虫垂炎の手術は腹腔鏡下手術を基本としており、全例で鏡視下に完遂できています。本年度は急性陰嚢症に関わる緊急手術が多い傾向がありました。
産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8981 帝王切開術(緊急帝王切開) 73 9.14 7.01 0.00 32.66  
K8982 帝王切開術(選択帝王切開) 71 19.59 6.92 0.00 34.25  
K877 子宮全摘術 39 1.59 8.36 0.00 53.26  
K867 子宮頸部(腟部)切除術 20 0.10 1.00 0.00 46.05  
K8881 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(開腹) 19 2.00 7.63 0.00 47.53  
 選択的帝王切開、緊急帝王切開の数が多いのは既往帝王切開患者数が多いこと、近隣の医療機関からハイリスク妊婦を受け入れているためです。術後は合併症もなく、7日で退院しています。
 子宮全摘出のパスを術後1日早く退院させる方向で調整しています。子宮頚部切除は1泊2日で行っています。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他のもの) 536 0.01 1.00 0.00 74.79  
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含む) 89 0.85 5.40 0.00 63.58  
K2686 緑内障手術(水晶体再建術併用眼内ドレーン挿入術) 32 0.00 2.00 0.00 79.53  
K2684 緑内障手術(緑内障治療用インプラント挿入術)(プレートなし) 8 0.00 5.38 0.00 72.38  
K2802 硝子体茎顕微鏡下離断術(その他) 8 1.00 3.38 0.00 65.88  
 白内障手術は、日帰り手術もしくは1泊入院手術で行っております。両眼同日手術は行っておりません。緑内障・糖尿病網膜症など合併症のある症例や難症例も対応しております。
 緑内障手術・硝子体手術は、通常入院で対応しております。全身疾患合併例や透析を施行中の患者様にも対応しております。
耳鼻いんこう科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K368 扁桃周囲膿瘍切開術 37 0.08 5.57 0.00 42.68  
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) 37 1.03 5.84 0.00 21.32  
K340-6 内視鏡下鼻・副鼻腔手術4型(汎副鼻腔手術) 24 1.13 4.58 0.00 57.25  
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術3型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) 21 1.05 4.71 0.00 56.05  
K3192 鼓室形成手術(耳小骨再建術) 14 1.00 1.36 0.00 37.93  
 分類別でも記したように、手術別で1番多いものは扁桃周囲膿瘍切開術で、2番目は扁桃腺摘出の方です。3番目と4番目は副鼻腔炎の内視鏡手術です。当院では最新のナビゲーションシステムを導入し、安全な手術を心がけております。5番目は慢性中耳炎や真珠腫性中耳炎などに行う耳の手術になります。いずれの手術でもなるべく苦痛や負担、合併症が少ないよう心がけております。耳の手術は翌日退院で、その他の手術も術後4~6日で退院されている方が多いです。
皮膚科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除) 51 0.22 3.80 1.96 77.02  
K0052 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2cm以上4cm未満) 8 0.13 2.50 0.00 58.88  
K0062 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径3cm以上6cm未満) 6 0.00 1.17 0.00 65.67  
K0063 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径6cm以上12cm未満) 4 0.00 1.00 0.00 46.50  
K0053 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径4cm以上) 3 0.00 1.67 0.00 73.00  
 皮膚悪性腫瘍切除に関しましては、手術当日の入院を基本として、在院日数は7日を目標としております。糖尿病性足壊疽や下肢閉塞性動脈硬化症にともなう足趾病変において、切断術を施行しております。可能な限り切断部位を限定したいということで、下肢の血流の把握と抗菌剤の適切な選択に心がけております。皮膚皮下血管奇形や血管腫に対して、手術適応を吟味して対応しております。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用のもの) 107 1.44 5.34 0.00 72.77  
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 61 0.77 7.80 3.28 69.59  
K7811 経尿道的尿路結石除去術(レーザー) 56 1.18 3.32 0.00 64.80  
K841-21 経尿道的レーザー前立腺切除術(ホルミウムレーザー) 34 1.26 6.97 0.00 73.47  
K843-4 腹腔鏡下前立腺悪性腫瘍手術(内視鏡手術用支援機器を用いる) 33 2.00 9.15 0.00 69.97  
 泌尿器悪性腫瘍に対する腹腔鏡手術を多く施行しているほか、尿路結石や前立腺肥大症に対する最新のレーザー治療も行っております。当院では平成29年9月から手術支援ロボットを導入し、前立腺悪性腫瘍の患者さんに手術を行っています。また、小径腎腫瘍の患者さんや転移のない筋層浸潤性膀胱がんの患者さんに対してもダヴィンチ腎部分切除術+体腔内尿路変更術を行っています。経尿道的膀胱腫瘍切除術は、光力学的診断を併用し質の高い手術を積極的に行っています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 0 0.00
異なる 6 0.05
180010 敗血症 同一 18 0.14
異なる 23 0.18
180035 その他の真菌感染症 同一 0 0.00
異なる 0 0.00
180040 手術・処置等の合併症 同一 44 0.35
異なる 1 0.01
 敗血症等について、入院の契機となった病名との同一性の有無を区分して、症例数と発生率を集計したものです。合併症は患者さまの状態により引き起こされる確率は様々であり、臨床上ゼロには成り得ないものですが、細心の注意を払い対応しております。
更新履歴
令和3年9月29日

 

【過去の病院指標】

令和元年度 君津中央病院 病院指標
平成30年度 君津中央病院 病院指標
平成29年度 君津中央病院 病院指標
平成28年度 君津中央病院 病院指標
平成27年度 君津中央病院 病院指標
現在地: ホーム 病院の紹介 病院指標