君津中央病院公式サイト

Font Size

SCREEN

Cpanel
現在地: ホーム 病院の紹介 沿革 沿革-君津病院(昭和13年~)-

沿革-君津病院(昭和13年~)-


 昭和12年 保証責任医療購買利用組合連合会設立

昭和13年

保証責任医療購買利用組合連合会により "愛の君津病院"開院
診療科目7科 病床数 50床 職員数 49名(うち医師8名)

 昭和18年 千葉県信用販売購買利用組合連合会に吸収合併
千葉県農業会に改組 千葉県協同病院に改称

昭和21年

君津郡大貫町外3町村1農協により大貫連合病院が設置

 昭和23年 千葉県厚生農業協同組合連合会に改組
君津郡市西部5ヶ町村国民健康保険団体連合会組織・大貫連合病院経営

昭和26年

君津郡市国民健康保険団体連合会(郡市国保連)に経営が移管され国保直診施設となる
病床数 234床(一般72床、結核150床、伝染12床)
君津郡市国民健康保険団体連合会組織・千葉県協同病院構内に結核病棟開設
君津郡市国民健康保険団体連合会による千葉県厚生農業協同連合会からの千葉県協同病院買収
君津病院に改称
君津郡金田外31町村(木更津市含まず)結核伝染病病院組合設立結核病棟管理

昭和29年

郡市国保連は大貫連合病院を譲受し君津病院大貫分院と改称してその経営を継承する
診療科目 3科 病床数 36床 職員数15名(うち医師2名)
君津郡市国民健康保険団体連合会に君津郡西部5ヶ町村国民健康保険団体連合会からの大貫連合病院譲渡 君津病院大貫分院に改称

 昭和31年 君津郡金田村外31町村結核伝染病病院組合に木更津市参加 君津厚生病院組合に改組改称 
 昭和33年  君津厚生病院組合による君津病院構内への伝染病棟開設

昭和35年

君津病院は総合病院の認可を受けて町村直診施設の親病院としての体制整備

現在地: ホーム 病院の紹介 沿革 沿革-君津病院(昭和13年~)-