君津中央病院公式サイト

Font Size

SCREEN

Cpanel
現在地: ホーム 病院の紹介 沿革 沿革-君津中央病院(平成15年~)-

沿革-君津中央病院(平成15年~)-


平成15年

医師法による臨床研修施設指定病院(施設番号030170)
血液・腫瘍内科、緩和医療科開設
シンボル・マーク決定(一般公募)
トータル病院情報システムを導入
国保直営総合病院 君津中央病院新築移転
7月15日新病院開院(診療科目31科、病床数651床)

平成16年 病院機能評価機構認定施設の取得(Ver.4.0)
亜急性期病床の開設
緩和ケア病棟の施設基準取得
外来化学療法室の設置
小児科電話予約の開始
開業医からの検査依頼受付の土曜日対応開始
地域リハビリテーション支援センターの指定
麻酔医確保による手術待ち患者の解消
旧病院解体工事(診療棟A棟、診療棟B棟、診療棟C棟(NR室)、病棟D棟、感染症病棟、付属棟(中央処置室))
平成17年

歯科医師法による臨床研修施設指定病院(施設番号050111)
給与費の見直し(手当の削減)
県及び構成市からの職員派遣
経営アドバイザーの導入
ストーマ外来の開設(認定看護師WOC1名)
災害医療派遣チーム(DMAT)を編成
総合リハビリ1取得
亜急性期病床の増床
病院広報誌の創刊
大佐和分院救急室の増設

平成18年 君津郡市中央病院組合を君津中央病院企業団への改組改称
改組に伴い企業長の設置 地方公営企業法の全部適用
給与費の見直し(手当の削減)
業務委託の見直し(クラーク等を直雇用へ変更)
入院ドック病床廃止による一般病床への転用
亜急性期病床の増床
初診時特定療養費の変更
複数選択メニュー食事療養費の変更
大佐和分院人間ドックの開設
大佐和分院7対1看護配置基準の取得
平成19年 地域がん診療連携拠点病院の指定
7対1看護配置基準の取得
外来化学療法室の増床
院内保育所の開設
給与費の見直し(手当の削減)
高度医療機器の導入(CT64列購入等)
外来予約枠の変更(翌日以降の予約可能)
後発医薬品の採用
未収金防止対策として訪問徴収実施
平成20年 第2次3か年経営計画の策定
DPC(診断群分類別包括評価制度)の導入
ドクターヘリの導入
腎臓内科専門医による人工透析患者の受入開始
給与費の見直し(手当の削減)
医師・看護師確保対策室の設置
大佐和分院外来・トイレ・病室一部等の改修
平成21年 651床から661床へ10床増床
新設ヘリポート施設整備
血液浄化療法センター開設準備室の設置
CT、MRIのフイルムレス化
日本医療機能評価認定(Ver.5.0)
給与費の見直し(手当の削減)
公的資金補償金免除繰上償還の実施(最終年度)
創立70周年記念式典
平成22年 地域災害医療センターから基幹災害医療センターに指定変更
地域医療支援病院の認定
診療A棟(血液浄化療法センター)竣工
給与費の見直し(手当の削減)
平成23年

血液浄化療法センター運用開始(25ユニット)
PET-CT導入
医療費クレジットカード払い導入
給与費の見直し(手当の削減)

平成24年

患者図書室(やすらぎ文庫)開設
全身用X線CT診断装置(320列及び64列)更新
血管造影X線診断装置増設
看護学校新築準備工事を着工
蒸気ボイラーを更新
給与費の見直し(手当の削減)

平成25年

血管造影X線診断装置を増設
MRI装置(3テスラ・1.5テスラ)を更新
電子カルテを導入
血液浄化療法センターの5床を増床
給与費の見直し(手当の削減)
看護学校の竣工

平成26年 日本医療機能評価認定 審査体制区分4(Ver.1.0)
ドクターヘリ格納庫竣工
施設基準(総合入院体制加算2)の取得
NICU重症部門システム及びFPDシステムの導入
SPECT-CT装置を更新
地方公営企業新会計基準の適用
給与費の見直し(手当の削減)
看護学校新校舎の開校(一学年定数60名へ増員)
平成27年 学生寄宿舎新築工事竣工
ドクターヘリ地下燃料タンク整備工事
汚水管接続換工事
泌尿器科用医療機器の整備
検査関連機器の更新
人間ドック二日コースの廃止
本院増築棟建設及び病院棟改修基本計画策定
大佐和分院施設整備基本構想・基本計画策定
平成28年 泌尿器科入院診療の再開
外来18診察室増設
看護職員夜間12対1配置加算2、放射線治療専任加算の取得
看護学校全学年2クラス化
学生寄宿舎供用開始
平成29年 手術支援ロボット「ダヴィンチXiサージカルシステム」を導入
現在地: ホーム 病院の紹介 沿革 沿革-君津中央病院(平成15年~)-