君津中央病院公式サイト

文字サイズ

画面幅

表示設定
現在地: ホーム 医療技術局 臨床栄養科

臨床栄養科の理念と基本方針

理念

私たちは、医療に貢献する臨床栄養科を目指します。


臨床栄養科


基本方針

1.治療食のレベルアップを図ります。
2.患者さまのQOLの向上を目指し、サービスに努めます。
3.チーム医療を実践するため、他部門との連携を図ります。

臨床栄養科の組織と業務

┏栄養指導室 ━栄養指導係 臨床栄養管理
栄養教育
臨床栄養科 ┳栄養企画係 食事マネジメント
業務マネジメント
┗食事管理係 食事サービス
衛生機器管理
食材管理
リスク管理

栄養企画業務

■栄養企画係  入院患者さまの栄養・食事管理をサポート
 入院患者さ まの栄養状態を把握し、効率的な治療ができるよう医師、看護師、医療技術スタッフと連携しながら適切な栄 養食事管理を行っています。

1.医師のオーダ入力
医師のオーダー入力 
医師が食事のオーダをします。
2.献立作成
献立作成 
院内約束食事箋に則り病態に適した献立を作ります。
3.病棟訪問
病棟訪問 
 食事を選んでいただいています。
 医師の指示があれば選ぶこと ができます。
 2種類の献立から選べる選択食は毎食行っています。
4.書類の掲示
書類の掲示 
食事オーダを 集計し、調理室に調理情報を掲示します。
5.食札の作成
食札の作成 
個人個人に合わせた食事内容、注意事項、要望等を記載された食札を 出力し、食事セット順に準備します。
6.情報の確認
情報の確認 
入院患者さまの栄養管理計画を立案するため、栄養情報を確認します。
7.管理計画作成
管理計画作成 
適切な栄養補給ができるよう全入院患者さまの計画書を作成します。
8.ミーティング
ミーティング 
献立や特殊な食事についての伝達や業務統一を行います。また、行事食のメッセージカードの作成も行っています。
9.メッセージカード
 行事食やお楽しみ御膳につけるメッセージカードはスタッフ全員の手作りで す。

科内委員会活動
イベント食委員会 イベント食委員会は、患者さまの入院生活に潤いを与え、また医療スタッフとのふれあいの場として大切 である行事食やお楽しみ献立のメニュー及び企画に関することを行います。
メニュー検討委員会 患者さまのニーズに応えたメニューを基本に基本に、時代背景や採算性及び委員会との連携を図り新しい メニューを企画していきます。
食器管理委員会 器は料理との調和が食欲に大きな影響があるため、食器の選択、衛生、保管とその管理を行います。
喫食嗜好委員会 食事の喫食状況及び食事への要望、不満等を調査するため、アンケートや調査表を作成し、データ収集を 行い他部門との連携を図ります。
広報委員会 季刊誌「とまと」の編集のため科内、院内、地域の情報を収集し、委員会をステーションとした広報活動 を行います。

食事管理係

■食事管理係 快適な入院生活のサポートと治療をサポート
入院 患者さまの食事は病態調理師が中心になり調理しています。病院の食事は一人ひとり管理されていますので適 切な食事を提供します。衛生的で安全な食事を安心して召し上っていただけるよう、また、季節感と手作り感 を大切にし、おいしい病院食を提供するよう努力しています。

<食事が患者さまに届くまで>
1.検収 食材が正しく納品されているか確認します。

2.下処理  食材のカットを行います。野菜、果物は次亜塩素酸ナトリウム水で洗浄消毒します。

3.パススルー  下処理室と調 理室はパススルー冷蔵庫で衛生的な区分をしています。

4.大釜  麺類を茹で上げる回転釜。 煮物用の出し汁は昆布と鰹節で毎朝取ります。

5.パン焼き  朝食には焼きたてパンをお出し します。調理室の朝は焼き立てパンの芳ばしさが漂います。

6.盛り付け  冷菜は専任のスタ ッフが調理盛り付けを行います。

7.ベルト  調理室中央に設置されたベルトコンベヤー。食札に合わせてセットしていくためスタッフに緊張が走ります。

8.ベルト  調理担当者が責任 を持って温・冷のトレイにセットします。

9.セットされたトレイは食札と照らし合わせ内容を 確認し、温・冷蔵配膳車に組み入れます。

10.看護師  配膳車は病室の前で温菜と冷菜を同 じトレイにのせます。

11.デールーム
各フロアーに設けられたデイルームで食事を召し 上がったり患者さま向けの勉強会を行います。

<イベント食>
日本古来の行事食や季節の 食材を盛り込んだお楽しみ献立は月2回行っています。

おせち料理
おせち料理
おせち料理はお正月の象徴です。伝統的な食材と共に松や南天は新年の演出に欠かせません。
手作りのお品書きもどうぞ。
バレンタインデー
バレンタインデー
チョコレートは私たち臨床栄養科の想いです。
ひな祭り
ひな祭り
彩りのきれいな押し寿司と潮汁。手作りの雛人形を添えて。
秤目丼 はかりめ丼は地元料理の代表です。
栗ご飯 秋の味覚は何といっても栗です。一粒一粒スタッフが大切に剥きました。
月見 きのこの王様’松茸’はご飯にしました。
吹き寄せご飯 吹き寄せご飯は木枯らしの季節の到来と共に
クリスマス
クリスマス
定番のローストチキンと手作りのクリスマスケーキです。

栄養指導係

■栄養指導係  栄養食事相談を行っています。
外来を受診された方や入されている方で、医師が食事療法を必要と判断した場合には、医師の指示により栄養食事相談を行っています。
相談日と時間は主治医、看護師にご相談ください。

外来患者さまへ
外来患者さまは2階の栄養食事相談室で行います。ご相談は診察日を有効にご利用ください。
患者さまの食事療法を継続的にサポートさせて頂くため、担当管理栄養士は曜日の専任制となっております。
食事記録やコンピュータ、食品模型、リーフレットなどを使い食事療法の必要性から食生活や運動のアドバイスまで患者さまと相談しながら進めて行きます。

入院患者さまへ
栄養食事相談の必要な方は入院時に食事の説明を、また一週間後、献立や食事を参考に疾病と食事のリーフレットを使い、食事療法の必要性と退院後の食生活についてご相談いたします。
入院患者さまには、個室または多目的室で個人相談いたします。

各教室のお知らせ
糖尿病教室
当院の糖尿病外来患者さま及び入院患者さまとその家族を対象に行います。
毎月、第一、二木曜日と第三、四木曜日の2クールを行います。時間は午後1時から午後3時30分です。
場所は4階講義室です。
医師、看護師、管理栄養士、検査技師、薬剤師が講義を担当します。

妊婦や産後の方へ
出産に備えての栄養食事の知識を得るために母親教室を行っています。
月曜日  午後1時から3時30分  4階講堂 (要予約)

母親と赤ちゃんが健やかに育つためのアドバイスとして母子健康講話を行っています。
月、木曜日 午前11から11時30分 5階デイルーム(要予約)

新生児センター入院の方へ衛生的な調乳のための指導を行っています。
水曜日 午後3時から3時30分 新生児科相談室(要予約)

心臓病や肝臓病の食事でお悩みの方へ
心臓病や肝臓病の第1次、第2次予防の意味で患者さまと家族を対象に教室を行っています。
主治医、看護師にご相談ください。(要予約)

治療上、栄養改善が必要な患者さまには
医師、看護師、管理栄養士、検査技師、薬剤師、歯科衛生士、言語聴覚士などで編成している栄養サポートチーム(NST)が、栄養状態を良くするために毎週火曜日に回診を行っています。

じょくそうの予防、治療のために
医師、看護師、管理栄養士、薬剤師が毎週月曜日に回診を行っています。
現在地: ホーム 医療技術局 臨床栄養科