君津中央病院公式サイト

Font Size

SCREEN

Cpanel
現在地: ホーム 医療技術局 薬剤科 製剤室

製剤室

  • 高カロリー輸液調製
    経口・経腸管栄養補給が不十分な場合に、糖質・アミノ酸・電解質・ビタミン及び微量元素の補給に用いる高カロリー輸液の調製を無菌室(クリーンルーム)にて行っています。
  • 院内製剤調製
    さまざまな疾病に対して、より良い薬物療法を行うためには市販の医薬品だけでは対応できないことがあります。この個別の医療ニーズに応えるべく、日本病院薬剤師会の「院内製剤の調製及び使用に関する指針」に則り薬剤師により調製されるものが院内製剤です。院内製剤は、調剤の準備を目的とするもの、治療・診断を目的とするものなどに分けることができ、薬事委員会又は倫理委員会の承認後、患者さまに十分な説明と同意を得たうえで使用されます。
  • 抗がん剤調製
    平成16年7月に外来化学療法室が設置され、平成17年4月より外来における全科の抗がん剤、平成21年8月より入院の抗がん剤の調製を開始しました。
    現在1日平均入院6件、外来13件、月400件程度の調製を行っています。
    抗がん剤は、製剤室の安全キャビネット内で無菌的に調製し、通院治療センターにて専任看護師が点滴を実施しています。
    抗がん剤調製時には、バーコードによる薬剤の確認、重量監査システムによる薬剤秤量の確認、第三者によるシリンジ採取量の確認を行うことで、患者さまに効果的で安全な薬物治療が行われるよう努めています。
  • pharma 4
    レジメン管理
    製剤室では、がん治療に対して標準治療が行われるようにレジメン管理をしています。そのレジメンを基に、適切な投与量、投与間隔、制吐剤の有無、抗アレルギー薬の有無の確認をし、患者さまひとりひとりにあった抗がん剤治療が行われるようチェックしています。


    ※レジメンとは?
      がん治療で、投与する薬剤の種類や量、期間、手順などを時系列で示した計画書のことです。

平成30年08月21日 定期確認実施