君津中央病院公式サイト

Font Size

SCREEN

Cpanel
現在地: ホーム 医療技術局 放射線技術科 脳血管・胸腹部血管造影検査

脳血管・胸腹部血管造影検査

カテーテルという数㎜の細い管を目的の血管まで挿入し、目に見えない血管を造影剤により画像として診断する検査です。現在では診断カテーテル検査に加えて撮影装置、カテーテル、ステント、塞栓物質などの医療器具等の進歩によって血管造影手技下の低侵襲治療が盛んに行われています。本院の脳神経外科では動脈瘤に対して塞栓術が行われています。また外科・消化器科・耳鼻科などで腫瘍血管への抗がん剤動注や腫瘍血管塞栓術を行っています。このように、血管造影検査の目的はカテーテルを使って血管内から血管造影の手技を応用し外科的手術によらないIVR治療に移行しつつあります。血管造影室では各診療科の医師と診療放射線技師・看護師がIVRに取り組んでいます。
20140708_DSA2-1 20140708_DSA1-2

脳神経外科診療実績
脳神経外科リンク
http://www.hospital.kisarazu.chiba.jp/shinryo-shokai/noushinkeigeka.html

消化器科放射線科処置件数
消化器内科リンク
http://www.hospital.kisarazu.chiba.jp/shinryo-shokai/syoukakika.html


令和元年08月16日 定期確認実施
現在地: ホーム 医療技術局 放射線技術科 脳血管・胸腹部血管造影検査