君津中央病院公式サイト

Font Size

SCREEN

Cpanel
現在地: ホーム 医療技術局 薬剤科 医薬品情報室

医薬品情報室

pharma 6
  • 医薬品の有効性・安全性情報の管理 
    官公庁や製薬会社、その他学会等のさまざまな医薬品情報を収集・管理しています。
    薬に関することは積極的に情報収集し、情報の種類や重要度により適切な医薬品情報を速やかに提供できるよう努めています。
  • 各職種の質疑に対する情報提供
    医師、看護師等、医療スタッフからの医薬品に関する質疑に対応しています。
    関連部署への情報提供や共有を図り、業務の円滑化を支援しています。
    質疑内容は、用法・用量、使用方法、注射薬の溶解後の安定性や配合変化などが多く寄せ られています。
  • 薬事委員会への参画
    薬事委員会は、医薬品の採用・中止、副作用、薬剤情報など薬に関わる事を協議する場であり、 薬事委員会の事務局として資料の作成や情報の収集を図っています。
  • 薬剤に関連したマスタのメンテナンス
    電子カルテや部門システムの処方・注射マスタを管理しています。投与量の上限、用法・用量、 併用禁忌などをチェックするシステムを構築し、医師への処方支援をしています。
  • 保険薬局との地域連携
    月1回の薬薬連絡会議では、地域の薬剤師会と薬事委員会で決定した採用薬品の情報を共有 し、患者さま、保険薬局、病院での問題点を検討しています。
    また定期的に合同研修会も企画しています。
  • 診療薬剤業務への支援
    抗菌薬等を対象にTDMを行い、安全で有効な薬物治療の支援をしています。
    • ※ TDMとは?  Therapeutic Drug Monitoringの略で 薬物血中濃度モニタリングのことです。血液中の薬物濃度を測定し、個々の患者さま に適した投与設計を行っています。
  • 電子カルテ上で採用薬の有無に関わらず、医薬品情報を検索することができます。
    pharma 7
  • 「薬剤科からのお知らせ」を毎月発行しています。
    pharma 8
平成30年08月21日 定期確認実施
現在地: ホーム 医療技術局 薬剤科 医薬品情報室