君津中央病院公式サイト

文字サイズ

画面幅

表示設定
現在地: ホーム 診療科紹介 (50音順) 形成外科

形成外科(外来16)

診療内容と特徴

当科は先天性の身体外表の形、色の変化を、主に外科的手技を用いて治療する科です。つまり目に見える体の傷や変形、あざなどが形成外科の対象疾患になります。
具体的には顔を中心とした体表面の外傷(骨折)、熱傷、瘢痕(傷あと)やケロイド、口唇裂や多指症などの身体外表の先天奇形、黒・赤・茶あざ(ほくろ、血管腫など)や皮膚腫瘍(紛瘤、脂肪腫)などが挙げられます。また、陥入爪(巻き爪)や腋臭症(わきが)の治療、難治性の潰瘍や褥創の再建を行ったり、顕微鏡下の操作を行うマイクロサージェリーの技術を用いて悪性腫瘍切除後の再建や切断指の再接着などを行なっております。
機能のみならず醜状の改善をはかることにより、患者さまにより質の高い医療を提供できますように努力していきたいと思います。

1)形成外科とは?

形成外科とは主に外科的手技(メス)を用いて体表面の形や色の異常を治療する科です。整形外科ともよく混同されますが、整形外科が主に骨、関節を扱うのに対し、形成外科は主に皮膚表面などの目に見える部分の病気が主な治療対象です。機能はもちろん見た目も考慮する診療科と考えてください。

2)主な治療対象疾患

・腫瘍―主として皮膚・皮下腫瘍を対象とします。ほくろ・しみ、血管腫、粉瘤、脂肪腫などの良性腫瘍や皮膚がんなどの悪性腫瘍を切除し、その後の組織欠損の再建も行います。
その後の傷跡もきれいになるように最善の努力を払います。

    sibousyu funryuu bohan

 

・外傷―体表面のけが、やけどなどの治療を行います。とくにやけどは、受傷してから早めの形成外科的診察と治療が後々の傷跡に直結します。なるべく早い時期に当科を受診しましょう。またすでにできてしまった目立つ傷跡、ケロイドをよりきれいに目立たない状態にするための治療も行っています(手術しない方法、手術する方法どちらもご用意があります)。お心当たりのある方は一度受診してみてください。お手助けができるかもしれません。
 一方で形成外科は顔の骨折も専門分野の一つです。鼻骨骨折、頬骨骨折、眼窩底骨折、上下顎骨折などさまざまな骨折の治療を行っています。

keroido yakedo

 

・先天性体表異常(先天奇形)-唇の異常(口唇裂、口蓋裂)、指の異常(多指症、合指症)耳介の異常(副耳、埋没耳、たち耳、小耳症など)、臍ヘルニア(でべそ)など、生まれてきたお子様の体表異常に驚く親御様も多いと思います。これらの体表異常は当科で治療を行うことができます(症例に応じて大学・こども病院紹介も相談可能)。

maibotuji    gousisyou

 

・その他扱っている疾患
特に眼瞼下垂に力を入れています。まぶたが開きにくくありませんか?皮膚のたるみのみの場合、まぶたを上げる筋肉に問題がある場合、内科的疾患(重症筋無力症など)が背景にある場合、生まれた時からまぶたが上がらない場合、様々な眼瞼下垂に対応しております。眼瞼下垂は基本的には手術をしなければ改善はされず、増悪する疾患です。通常両目の場合は原則局所麻酔で一泊二日入院をおすすめしています。片目のみ、たるんだ皮膚をとるのみ、の場合は日帰りでも行っています。多くの場合は保険診療です。

 わきがの治療も積極的に行っています。剪除法(従来法)とストライカー社の吸引剪除法の2通りの手術をおすすめしております。におい・汗などの程度により患者様のニーズに合った治療法をご提案差し上げます。

 

ご参考:日本形成外科学会ホームページ(一般向け)

 

診療時間・担当医師のご案内

・現在、日本形成外科学会専門医2名が診療に当たっております。

診療時間、担当医師は、こちらからご確認ください。

・新患(急患は除く)は原則 火曜、木曜の受付となります。
水曜は全日手術のため休診です

・外来手術(主に局所麻酔)は月曜日と金曜日の午後、入院手術(主に全身麻酔)は水曜日となっています。

 

診療スタッフ紹介

氏名 重原 岳雄 準備中
職名 医務局次長
出身校(卒業年) 千葉大学(昭和58年)
認定資格等 形成外科専門医
皮膚腫瘍外科指導専門医
専門分野・
研究分野
再建外科
マイクロサージャリー
乳房再建

 

氏名 吉良 智恵 準備中
職名 医務局形成外科部長
出身校(卒業年)  筑波大学(平成12年)
認定資格等 形成外科専門医
日本美容形成外科正会員
専門分野・
研究分野
再生医療
傷のケア
眼瞼下垂

 

診療実績

 


2017年05月08日 「診療内容と特徴」「診療スタッフ紹介」更新