君津中央病院公式サイト

文字サイズ

画面幅

表示設定
現在地: ホーム 診療科紹介 (50音順) リハビリテーション科

リハビリテーション科 (2F)

診療内容と特徴

当科では各医師から依頼を受けて理学療法(PT)、作業療法(OT)、言語・摂食療法(ST)を行っております。
主な疾患は骨折、変形性関節症、頚髄症などの整形外科疾患、脳卒中による片麻痺、脳腫瘍、パーキンソン病などの脳神経疾患をはじめ、心疾患・呼吸器疾患、がんに伴う機能障害など幅広く対応しております。

リハビリテーション科では全ての診療科から処方された患者様のリハビリを行っています。患者様とご家族、主治医、看護師、ケースワーカーなどと連携し、機能回復、早期退院、退院後の家庭生活を支援いたします。また地域リハビリテーション支援センターとして近隣の病院、施設との勉強会、研修会を主催しています。スタッフは理学療法21名、作業療法12名、言語療法5名、事務2名です。病院一広くて明るい部屋、汗と涙と笑いにあふれた部屋で、元気いっぱい働いています。

〈理学療法部門〉
気はやさしくて、力持ち。トレーニングマシンなどを使った筋力強化や体力向上練習、車椅子の乗り降りや、歩行練習を行っています。自宅へ退院される方には家屋改造指導なども行います。

〈作業療法部門〉
洗面、着替えなど身の回りの動作や、家事の練習を支援しています。治療手段として、実際の動作練習はもちろん、手工芸などの作業活動、必要に応じて自助具を使用した動作訓練などを行っています。自慢は、和式生活を想定した四畳半の畳スペースや、IHクッキンングヒーター付き昇降キッチンです。

〈言語療法部門〉
言語聴覚士は脳卒中や脳挫傷といった脳血管障害によって言葉に障害のある方たちに言葉の訓練を行っております。また、最近では病気によって食べ物を飲み込むことができなくなってしまった方に飲み込みの訓練も行っております。入院患者様だけでなく、外来患者様も多く、言語障害や飲み込みの障害で悩まれる地域の皆様に少しでもお役に立てるように日々自己研鑽に努めております。

詳しい内容はこちらよりリハビリテーション科をご覧ください。

 

診療時間・担当医師のご案内

診療時間、担当医師は、こちらからご確認ください。

 

診療スタッフ紹介

 

氏名 蓮江 文男 準備中
職名 医務局リハビリテーション科部長・医務局脊椎脊髄外科部長
出身校(卒業年) 千葉大学(平成9年)
認定資格等 医学博士
日本整形外科学会専門医
日本整形外科学会認定脊椎脊髄病医
日本脊椎脊髄病学会会認定脊椎脊髄外科指導医
日整会認定運動器リハビリテーション医
専門分野・
研究分野
脊椎脊髄疾患
電気生理診断
慢性疼痛疾患
骨折治療

 

非常勤

氏名 竹内 正人 準備中
職名  
出身校(卒業年)  
認定資格等  
専門分野・
研究分野
 

 

氏名 田中 正 準備中
職名  
出身校(卒業年)  
認定資格等  
専門分野・ 研究分野  

診療実績

 


2017年05月02日 「診療内容と特徴」更新

現在地: ホーム 診療科紹介 (50音順) リハビリテーション科