君津中央病院公式サイト

Font Size

SCREEN

Cpanel
現在地: ホーム 診療科紹介 (50音順) 緩和医療科 4階東(緩和ケア)

4階東病棟

医師紹介

当病棟には8名の医師がおり、各医師が連携して診療にあたっております。

海保 隆 病院長

私たちの緩和ケア病棟は、公立病院の一つの診療科として運営しています。母体の病院は地域がん診療連携拠点病院、エイズ治療拠点病院であり、また急性期病院の位置付けとなっています。そこで私たちは、がん及びエイズの緩和医療のうち終末期医療を担当する目的で当病棟を運営しています。
一般の診療科で担当しております診療と異なり、緩和ケア病棟における終末期医療は診療の目的が診断や治療ではなく、個々の患者さまが日々の生活の内容を改善することとしています。このことを言葉で表現すると、ご本人が「やりたいことをやる」、「やりたくないことをやらない」となります。この目的を実現するために、患者さまご本人やご家族と、初診の外来時に踏み込んだ話し合いをさせていただいております。
緩和ケア病棟は、千葉県中~南部の公立病院内に設置されて居ります。所在地は千葉県木更津市で、高速館山道のインターチェンジにごく近く、また東京湾アクアラインを利用しますと東京都心まで1時間以内に到着できる所です。院内各診療科よりの紹介のほか、当院近辺にお住まいで離れた地域の病院の診療をお受けになっていらっしゃる方、また近くの緩和施設にベッドの空きがない方など様々な経緯で当科を受診された患者さまが居られます。当病棟では症状のコントロールを施行するだけでなく、その上でどのような生活を営んで頂けるかということに重点をおいて運営することを目指しております。入院に際してはあらかじめ患者さまご本人またはご家族のお申し込みを受け、新患外来で毎週4名程度の方と1時間程度の面接をさせて頂いております。現在なお病棟にはある程度の余裕があり、面接をお受け頂いた後には迅速な対応も可能な状況が続いております。より詳しい情報をお求めの場合は末尾の連絡先までご一報頂きたいと存じます。

 

 

福井 三恵子 医師

 

 

非常勤(五十音順)

 

岡 陽一 医師

 

 

下山 直人 医師

 

 

下山 恵美 医師

 

 

鈴木 紀彰 医師

 

 

土屋 俊一 医師

 

 

中村 美波子 医師

 

4階東病棟トップへ戻る

2019年7月10日 更新

病棟案内

緩和ケア病棟とは・・・?

最新の医療を尽くしても治療や延命が困難な終末期癌・悪性腫瘍、または後天性免疫不全症候群(AIDS)の患者様に対して、その疾患によって生じる身体や心の痛みを緩和することを目的とした病棟です。
 
患者様とご家族が可能な限り快適な入院生活が送れるように援助していく場所で、 相談しながら一人ひとりの状態に合わせた援助を行います。

緩和ケア病棟の理念・基本方針
〈理念〉
緩和医療を必要とする終末期の患者さま及び、ご家族の苦痛をできる限り和らげる
ことを目指し、その人らしく過ごせるよう援助します。
〈基本方針〉
1. 患者さまにとって、苦痛で不快な症状の緩和に努めます。
2. 日々の生活を安楽に過ごせるように、援助します。

病棟の特色

  • 入棟後も外出や外泊が可能です。
  • 入棟後に症状コントロールを行ない、退院して主たる診療科にて外来通院をすることも可能です。又、在宅療養の為の支援を行っています。
  • 家族と多くの時間を過して頂きたい為、面会時間の制限を設けておりません。
  • 4階東側にあり、同じフロアにレストラン・売店・介護ショップ・緑の丘庭園があります。緑の丘庭園には、車椅子やベッドで散歩に出ることも可能です。
  • 在宅療養中、入棟期間を決めての短期入棟が可能です(電話にて状況の相談を行ないながら検討していきます)。
  • 患者様だけではなく、ご家族様にも寄り添っていけるよう努めております。

4階東病棟トップへ戻る

入棟基準

入棟にあたってはこの以下の基準に該当すること、またご家族およびご親族も同様に6つの基準について同意が得られていることが必要です。

  1. )医師が治癒を望めないと判断し、ご本人が積極的治療を望まない悪性腫瘍又は後天性免疫不全症候群と診断された患者様。
  2. )原則として自分の病名を知っているか、自分の症状に対する説明を理解していること。
  3. )患者様及びご家族の方が、緩和ケア病棟の理念と、どのようなサービスを受けることができるのかを理解した上で入棟を希望していること。
  4. )原則として患者様がご自分の意思を正確に伝えることができること。
  5. )患者様から説明をもとめられた時は、真実を説明しても良いという合意を得られていること。
  6. )原則として延命を目的とした処置(人工呼吸・心臓マッサージ)無用な検査、負担となる点滴などを行なわないという合意を得られていること。

4階東病棟トップへ戻る

退棟基準

緩和ケア病棟の退棟については、以下の基準を参考とし、総合的に判断します。

  1. )患者さま及びそのご家族が退棟を希望するとき。
  2. )症状が緩和されたとき。
  3. )在宅ケアが可能と判断されたとき。
  4. )がんに対する積極的治療を希望したとき。
  5. )長期入院になるとき。
  6. )緩和ケア病棟運営に支障をきたすとき。
  7. )その他、入棟基準に合致しなくなったとき。

4階東病棟トップへ戻る

外来の予約および病棟見学の予約方法

①相談、病棟見学の希望、電話での予約:0438-36-1071(代表)

*地域連携室にて診療予約をお受けいたします。
*「緩和ケア病棟」または「4階東病棟」の外来予約とお伝え下さい。
*電話受け付けは祭日を除く月~金曜日:午前10時~午後4時
*現在の状況や確認事項を伺った上で外来受診の予約をお受けいたします

医療機関のかたへ

当院は、がん拠点病院として、切れ目のない緩和医療の提供を目指しています。 緩和ケア病棟をご希望の患者さまにおいては、主たる診療科(主にがんの治療を担当する科)と 緩和医療科への診療情報の提供と、診療予約をお願いしています。 何卒、ご理解の上ご協力をお願いいたします。

 

②外来受診(完全予約制)

*持参していただくもの
診療情報提供書、入院相談書(主治医記入用)、質問票(患者様・ご家族様記入用)
検査結果やレントゲン等の資料
保険証や介護保険認定証や身体障害者手帳など

※質問票、入院相談書は【こちら】からダウンロードできます。
※外来受診は代理人でも可能です。ただし、患者様のご病状やご本人の意思、入棟後の治療方針等のご希望を把握され、医師等医療スタッフとの面談・話し合いにて判断を下せる方でお願いします。

4階東病棟トップへ戻る

外来受診から入棟までの流れ

外来受診前に・・・

診療情報提供書(主たる診療科・緩和医療科宛て 2通)及び入院相談書の記入・質問票の記入・検査結果やレントゲン等資料の用意を主治医にご依頼下さい。
入院相談書、質問票は【こちら】からダウンロードできます。

医療機関のかたへ

当院は、がん拠点病院として、切れ目のない緩和医療の提供を目指しています。 緩和ケア病棟をご希望の患者さまにおいては、主たる診療科(主にがんの治療を担当する科)と 緩和医療科への診療情報の提供と、診療予約をお願いしています。 何卒、ご理解の上ご協力をお願いいたします。
入棟までの流れ

外来予約

TEL:0438-36-1071

受付時間:平日の10時から16時

お電話にて外来受診予約をお取り下さい。
地域連携室にて診療予約をお受けします。
(1)主たる診療科予約 
(2)緩和医療科予約

病棟見学について

病棟見学の予約・相談も同様の電話番号・受付時間にお受けしております。
病棟見学については緩和ケア病棟への入棟を希望される方・および家族の方に限定して事前に連絡をいただき、平日10時から16時の間に案内させていただきます。
当院に入院中であれば、入院している病棟の看護師へ、外来通院中であれば主たる診療科の看護師へ見学のご希望をお伝えください。
また緩和外来受診の際にも、病棟内をご案内しております。 

入棟までの流れ

外来受診

(完全予約制)
(1)受診日当日、再来機に診察券を通してから予約時間までに、4階東病棟受付にお越し下さい。
(2)緩和医療科医師と面談(看護師も同席します)
(3)病室や病棟内設備をご案内いたします。
*外来受診時は、患者さまとご一緒に、意思決定や問題解決の要となる方、療養方針の決定や介護の担い手として強い影響力を持つ方(家族、親族または後見人)の同席をお願いしております。
*緩和診療情報提供書・入院相談書・質問票ご持参下さい。
入棟までの流れ

入棟申込み


受診後、ご家族・親類と、緩和ケア病棟について相談し、皆様の同意が得られましたら、平日の10時から 16時の間に4階東病棟へ申し込みに来棟して下さい。来棟時、入棟判定申込書をご記入いただきます。
印鑑等は必要ありません。お申し込みの際は、看護師から入棟基準6項目についての同意をご家族およびご親族にも同意がとれているかどうかを確認させていただいております。
※お申し込みは、ご家族さまのみのご来棟でもかまいません。
入棟までの流れ

入棟判定

患者さまおよびご家族さまより入棟申込み書類の提出がありましたら、入棟判定委員会を開催し入棟の可否を検討いたします。
入棟までの流れ

入棟

入棟判定委員会において入棟可となった場合には、入棟待ち患者様名簿に登録となり、入棟日等のご相談をさせていただいております。入棟時には、ご家族様の付き添いをお願いします。
*状況により、再度家族面談に来ていただく場合もありますのでご了承ください。

4階東病棟トップへ戻る

施設案内

  • 病床数:20床全個室(うち1床は差額16200円~19440円うち3床は差額5400円~6480円(税込))
     ※居住地により異なる
  • 家族控室:和室2室
  • デイコーナー(ソファー、テレビ、図書コーナー)
  • 一般浴室
  • 介助浴室
  • 障害者用トイレ
  • 洗濯室(洗濯機、乾燥機)
  • デイルーム(インターネット100円/20分、テレビ、電子ピアノ)
  • デイルーム内キッチン(流し台、電磁調理器、コーヒーメーカー、かき氷器、冷蔵庫、 電子レンジ、オーブントースター、ミキサー、製氷機)
病室からベットのまま出られる庭園 4階東病棟勤務室
病室(差額無しタイプ) 家族控室(和室2室)
アロマコーナー アロマオイル
デイルーム デイコーナー&図書コーナー
デイルーム内キッチンコーナー デイルーム内キッチンコーナー(カキ氷)
一般浴室 洗濯室(洗濯機、乾燥機)

4階東病棟トップへ戻る

医療スタッフ紹介

日中病棟にいるメインスタッフは、医師・看護師・看護助手・クラークとなっております。
また、サポートスタッフとして上記以外の職種も必要に応じて介入しております。

医療スタッフ紹介 4階東病棟トップへ戻る

看護師の活動&家族会のご案内

緩和ケア病棟での看護師の活動について

  • 患者さまはもとより付き添われるご家族の訴えも傾聴し精神的な支援をいたします。
  • 患者さまやご家族のご希望をお聞きし、快適な入院生活が送れるよう援助をいたします。
  • ご希望される患者さまに、アロマランプを用いております。
  • デイルームからベッドのまま直接出られる庭園があり、外気に触れての気分転換が楽しめます。病状を考慮しながらお散歩にお誘いしております。
  • 季節を感じられるようデイルームでの行事を開催しております。また、誕生日を迎える方には病室にて誕生会を行っています。

4e 84e 9

4e 10

クリスマス会やひな祭りなど季節の行事の1コマです。普段はなかなか聴くことの出来ない先生方の すてきな演奏を聴きながら、患者さまやご家族と楽しいひとときを過ごしています。

【家族会】のご案内

  • 家族会は、緩和ケア病棟で大切な方を亡くされたご家族や緩和医療科医師・スタッフと一緒の時間を過ごし、思い出を語り合い想いを分かち合う場としております。
  • 家族会を開催することで、少しでも、皆様のお役に立てればと考えております。

4階東病棟トップへ戻る

Q&A外来受診~入棟まで編

Q:緩和医療科の外来を一度でも受診すればいつでも入院(=入棟)できますか?

A:入棟にいたるまでは <緩和ケア病棟入棟までの流れ> をご参照下さい。
入棟の日時は、緩和治療が必要となった時に相談して決めさせていただいております。

Q:緩和ケア病棟では何も治療しないのですか?

A:がんに対しての手術や抗がん剤を使う治療はしません。痛み・吐気・息苦しさなどの苦痛症状に対しては積極的に対処いたします。

Q:本人が病名を知らないと入棟できないのでしょうか?

A:はい。前述の『入棟基準』の(2)原則として自分の病名を知っているか、自分の症状に対する説明を理解していること。と言う項目に該当します。患者様ご本人が自分の病気をしっかり受け止めた上で緩和ケアを希望されていることが重要です。

Q:緩和ケア病棟は、最後に過す場所なのですか?一度入棟したら退院できないのでしょうか?

A:最後に入院する病棟とは限りません。症状が落ち着いたのちに自宅や長期療養型の施設へと退院される方、療養型の病院へ転院される方もいらっしゃいます。

Q:認知症でも入棟できますか?

A:がんによる苦痛が乏しく、認知症状のために入棟をご希望の場合は入棟をお断りすることがあります。
また、緩和ケア病棟では、過度の身体拘束を行っていませんので、徘徊や暴力行為、大声を出す等の行為がある場合、入院生活が困難となる可能性があります。

Q:特に苦痛の訴えはないのですが、自宅での介護が困難なので入棟をさせたいのですが。

A:癌による苦痛症状のない患者様は緩和ケア病棟への入棟の優先度が低くなります。
ご家族様のケア(レスパイト入棟)のために入棟をお受けすることはありますが、入棟期間を限定させていただいています。

Q:家族は緩和ケア病棟への入棟を希望していますが、患者本人は嫌がっています。入棟はできますか?

A:患者様ご本人のご希望を尊重して治療やケアを行っているため、患者様ご本人が入棟をご希望されていることが必須となります。
今後の方針で、積極的治療を行わないことを納得されていない状況での入棟になりますと、患者様ご本人にとってつらい時間となる可能性があるため、入棟はお断りすることとなります。

Q:家族はまだ積極的治療を受けさせたいという意見がありますが、その状況での緩和ケア病棟の入棟はできますか?

A:患者様・ご家族のなかで、緩和ケアへの意見が一致しない場合には、充分に話し合って、患者様本人とご家族の皆様が納得された上で入棟をご希望いただくようお願いいたします。

4階東病棟トップへ戻る

Q&A入院中の生活について

Q:医療費や今後の生活面の金銭的問題は相談できますか?

A:メディカルソーシャルワーカー(MSW)がおりますので、必要時には介入し患者様・ご家族様の相談に対応しています。

Q:外出や外泊・退院をさせたいのですが、準備や家庭での看護が不安、何かサポートはありますか?

A:医師・看護師など多職種と連携し合同カンファレンスを開催しています。必要時にはメディカルソーシャルワーカー(MSW)が介入し、自宅での療養に対応できるようサポートしています。

Q:病棟内での喫煙はできますか?

A:病棟に限らず、病院敷地内全て禁煙になっています。

Q:飲酒はできますか?

A:飲酒を希望される患者様は、医師・看護師と相談の上、ご家族の見守りで、他の患者様に迷惑がかからないようたしなむ程度の飲酒が出来ます。
ただし面会者の方の飲酒は控えてください。

Q:君津中央病院の他の科に現在入院しているが、緩和ケア病棟に移ったあとは今までの主治医との関係はどうなりますか?

A:緩和ケア病棟入院中は、当病院の元の主治医は担当医となり今までの関係と同様です。
しかし、主治医は緩和医療科医師になりますので、指示等は緩和医療科医師が行います。

Q:面会時間の制限はありますか?

A:緩和ケア病棟は原則ご家族に限って24時間面会が可能です。
休日・夜間・早朝は病院夜間出入り口にて警備にお声をかけていただき、面会証の確認をさせていただいたうえで病棟へお越し下さい。

Q:入院中、付添いで泊まれますか?寝具の貸出はありますか?

A:付き添いは、病室および家族控え室にて可能です。
寝具1組(簡易ベット・敷掛布団・枕・シーツ)につき1日340円で貸し出しがあります。

Q:リハビリは受けられますか?

A:患者様に希望に沿った生活を続けるために必要となるリハビリテーションは医師の指示のもと行っています。

Q:補完代替療法・民間療法・サプリメント摂取などは入院中もできますか?

A:緩和ケア病棟で補完代替療法・民間療法・サプリメント摂取など提供することはありません。しかし、患者様・ご家族様の責任において行っていただいてもかまわないものもあります。
希望時には緩和ケア病棟医師にご確認ください。

Q:ずっと入院していることはできますか?

A:限られた病床を、緩和ケアを必要としているできるだけ多くの患者様に利用して頂くため、症状の安定した患者様には積極的に在宅療養をお勧めしています。メディカルソーシャルワーカーが退院後の療養生活の相談を受けています。
在宅療養が困難な場合には施設等のご紹介もいたします。

4階東病棟トップへ戻る

Q&A退院について

Q:緩和ケア病棟入院後に在宅療養で一時退院しました。具合が悪くなったので、すぐに入院させたいのですが。

A:まずは、緩和ケア病棟に電話でご連絡下さい。看護師が患者様の病状を伺いご相談いたします。必要時は医師とも相談し対応いたします。
入棟受け入れは平日の日中のみとさせていただいております。

Q:退院後のサポートはありますか?

A:主たる診療科での外来通院でフォローします。
必要があれば在宅療養に必要な社会資源の紹介を行ないます。退院後、看護師による電話での訪問も行なっております。

4階東病棟トップへ戻る

入院相談書 質問票ダウンロード

【1】医療機関スタッフの方へ
当科を患者様へ紹介される医療スタッフの方は、下記A~Cすべてをダウンロードし医師・患者様・ご家族様に記入を依頼してください。
医師用は診療情報提供書と併せての提出となります。
患者様用・ご家族様用は緩和外来受診日に直接持参していただくか、貴院にて回収していただき診療情報提供書・医師用質問票と共に当院へご提出ください。

【2】患者様及びご家族様へ
A:担当医へ記入を依頼して下さい。
B・C:患者様及びご家族で記入し、緩和医療科外来受診日に持参してください。

<A>入院相談書【主治医記入用】

<B> 緩和ケア病棟 質問票【患者様記入用】

<C>緩和ケア病棟 質問票【ご家族様記入用】

4階東病棟トップへ戻る

2018年11月06日 更新