君津中央病院公式サイト

Font Size

SCREEN

Cpanel

病棟案内

緩和ケア病棟とは・・・?

最新の医療を尽くしても治療や延命が困難な終末期癌・悪性腫瘍、または後天性免疫不全症候群(AIDS)の患者様に対して、その疾患によって生じる身体や心の痛みを緩和することを目的とした病棟です。
 
患者様とご家族が可能な限り快適な入院生活が送れるように援助していく場所で、 相談しながら一人ひとりの状態に合わせた援助を行います。

緩和ケア病棟の理念・基本方針
〈理念〉
緩和医療を必要とする終末期の患者さま及び、ご家族の苦痛をできる限り和らげる
ことを目指し、その人らしく過ごせるよう援助します。
〈基本方針〉
1. 患者さまにとって、苦痛で不快な症状の緩和に努めます。
2. 日々の生活を安楽に過ごせるように、援助します。

病棟の特色

  • 痛み・吐気・食欲不振・不眠・息苦しさなどの不快な症状に対して、積極的に対応します。
  • 苦痛の軽減と共に、患者様の希望する療養生活が送れるように努めています。
  • 病室が広めになっているため、ご家族との時間も有意義にお過ごし下さい。
  • 季節ごとに催し物を行っています。
  • ペットとの面会が出来ます。(下記の注意事項があります)
    ・他の患者さまの迷惑にならない範囲でお願いします。
    ・院内にお連れの際はケージ等を使用して下さい。
  • 外出泊へのサポートをします。
  • レスパイト入院ができます。
    介護者が一時的に介護の提供が困難となった時(介護疲れ、冠婚葬祭など)に、ご相談ください。
    判定が通過していることが条件で、1回の入院期間は14日以内です。平日日中の予定入院となります。

4階東病棟トップへ戻る